Mrtn Directory B
折り紙・珈琲・パズル・IT等の日常日記です。
プロフィール

naru8090

Author:naru8090
日常日記です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1本の釘の上に11本の釘を乗せる。
何か面白そうなペーパークラフトはないかとWeb上を探していたところ、ペーパークラフトではないのですが、非常に面白い動画を発見しました。

その動画は、こちらです。
Trick Of A Dozen Nails

木の板に打ち付けられた1本の釘の上に11本の釘を乗せる、という動画です。
もちろん糊やテープ等は一切使用していません。
これは見事です。

そして、是非自身でも同じ立体(1本の釘の上に11本の釘を乗せた立体)を作成したくなり、早速作成しました。
1hon_11hon_kugi.jpg
用意をした「1本の釘」と「11本の釘」です。
手ごろな木の板が無かったので、以前に作成した立体を”1本の釘”の土台にしました。
土台になっている立体(折り紙で作られています)も、糊付け等は一切していません。
これらの材料を組み合わせて、一本の釘の上に11本の釘を乗せた立体を作成します。
1hon_11hon_kugi1.jpg
まずは動画の通りに「11本の釘」を並べました。
そして、この”11本の釘”を、
1hon_11hon_kugi2.jpg
「1本の釘」の上に乗せました。
見事にピタリと乗っています。
少しぐらいの振動では崩れないぐらいのバランスで”11本の釘”が”1本の釘”の上に乗っています。
これは面白いです。^^
12本の釘と釘を固定できる土台が手元にあるお方は、是非作成してみてください、これは面白いです、お勧めです。
1hon_11hon_kugi3.jpg
立体を別の角度から見たところです。
釘が一列に綺麗に並んでいます。
1hon_11hon_kugi4.jpg
更に別の角度(真上)から見たところです。

”面白いな~”と思いつつ、この立体を色々な角度から眺めていて、ふと”あれ?この形は前にどこかで見たような・・・?”という疑問が浮かんできました。
この立体を見れば見るほど”どこかで見たような・・・”という思いが強くなってきて、何とか思い出そうとしたのですが、結局思い出せませんでした。
う~む、どこだったかな・・・パズルの本か、どこかのお店か・・・何か野球のバットか何かで同じものを見たのだったかな・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
スポンサーサイト

テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用


BEVERLYのGLASS PUZZLEシリーズ”とりあえず生!”と”あんた うめ~ね!”。

BEVERLY社から発売されているGLASS PUZZLEシリーズ(芦ヶ原伸之さんのパズル)の”とりあえず生!”と”あんた うめ~ね!”の2種類のパズルが、偶然立ち寄った玩具屋さんで激安ワゴンセールされているのを発見し、”こ、これは購入せねば!”と思い早速購入しました。
gps.jpg

「GLASS PUZZLE とりあえず生!」です。
ベースになるパーツの上に10個の”ビール”(コップ内にある黄色のパーツです)のパーツをコップ内にピタリと平行に収まるように置き、最後に”泡”(写真左下にある白色のパーツです)のパーツが綺麗にビールのパーツの上に綺麗に置くのがパズルの目的です。
10分ほど挑戦してみましたが、これは手強いです。
解くのにかなり時間がかかりそうです。
gps1.jpg
「GLASS PUZZLE あんた うめ~ね!」です。
ガラスの器の中に、9個の”うめぼし”のパーツを綺麗にピタリと収めるのがパズルの目的です。
こちらも10分ほど挑戦しましたが、こちらの方がビールよりも数段難しいと感じました。
”うめぼし”のパーツがグニャグニャと歪んでいるので、ガラスの器の中で”うめぼし”の位置を決めるのが非常に難しいです。
こちらも解くのにかなり時間がかかりそうです。
両パズル共に非常に見た目が良いパズルなので、パズルを解いた後はインテリアとして部屋に飾っておこう・・・と思っていたのですが、果たして両パズル共に解けるのはいつの日になるのか・・・気合入れて解かなければ・・・。^^;

テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用


更に、クリップのパズルの3個組みの作成。

昨日に作成した”クリップのパズルの3個組み”を見ていて、以前に作成した頑丈な組み方(4個組み5個組み・6個組みと同じ組み方)で組めないかと思い、早速挑戦しました。
kurip3_ganjyou.jpg

頑丈な組み方で組んだ「クリップの3個組みの立体」です。
作成時間は、約15分です。
昨日に作成したものよりも組み立てに苦労をして、更に手の指がかなり痛くなりましたが、何とか目的どおりに組めました。^^;
かなり頑丈に組めています、以前に作成した同じ組み方をした4個組みのものよりも更に頑丈です。
kurip3_ganjyou1.jpg

立体を別の角度から見たところです。
この角度から見るのもなかなか良い感じです。
しかし、もっと床に近い視点から撮っても良いかも・・・う~む、写真は難しい。
kurip3_ganjyou2.jpg

昨日作成した立体と、本日作成した頑丈な組み方をした立体を並べました。
う~ん、楽しい。^^

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用


クリップのパズルの3個組みの作成。

以前に「杉原厚吉さんの本「すごくへんな立体」とクリップのパズル。」で、クリップのパズルの3個組みの作成に挑戦をして見事に失敗をしました。
いずれまた挑戦をしよう・・・と思いつつ今までスッカリと忘れていましたが、本日、ふとそのことを思い出し、早速クリップを用意して作成に挑戦しました。
kurip3ko.jpg

「クリップの3個組みの立体」です。
作成時間は約10分です。
以前に挑戦したときと同様、かなり組むのに苦労をしましたが、何とか目的の形にすることが出来ました。
kurip3ko1.jpg

立体を別の角度から見たところです。
う~ん、面白い。
kurip3ko2.jpg

組むのに失敗をした3個組みの立体と、成功をした3個組みの立体を並べました。
並べてみると、やはり目的通りに組んだ(成功をした方)立体の方が形が綺麗です。
いずれsaccoさんの”クリップアート展”で紹介されているような作品を作成したいなぁ・・・。
それにしても、saccoさんの作品は凄い・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用


”YOSHIMOTO BOX”の作成。

いつも楽しく拝見している「- MISDIRECTION (ミスディレクション) -」さんの2008年06月06日の記事「YOSHIMOTO BOX」で、立方体を折り畳むだけで裏返るという非常に面白そうなペーパークラフトを紹介してくださっているのを見ました。
そして、「cloud9science @Wiki」さんの2007年10月02日の記事「YOSHIMOTO BOX <裏返る立方体>」を見て”これは是非作成しなければ!”と思い、早速作成しました。
yosimoto_box.jpg

「YOSIMOTO BOX」です。
薄青色のA4用紙1枚から切り出して作成しています。
型紙は、”cloud9science @Wiki”さんの”YOSHIMOTO BOX <裏返る立方体>”の記事で公開してくださっているPDFファイルを使用しました。
このような素敵なペーパークラフトのPDFファイルを公開してくださっている”cloud9science @Wiki”さんに感謝します、ありがとうございます。^^
この写真の状態からパタパタと折り畳み、膨らますことにより立方体が裏返ります。
yosimoto_box1.jpg

写真左、写真1枚目の状態から、まずは一段階折り畳んだところです。
写真右、写真左の状態から更に折り畳んだところです。
yosimoto_box2.jpg

そして更に折り畳み、
yosimoto_box3.jpg

最後に膨らませて立方体が裏返りました。
同じ工程をもう一度行えば、また裏表が逆転します。
簡単に作成できて、裏返す工程が面白い・・・これは凄いです。
しかし、この工程で何故立方体の裏表が逆転するのか非常に不思議です・・・う~む、面白い。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。