Mrtn Directory B
折り紙・珈琲・パズル・IT等の日常日記です。
プロフィール

naru8090

Author:naru8090
日常日記です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1.5cm×1.5cmの折り紙で”Magic Rose Cube”の作成。

1.875×1.875cmの折り紙で”Magic Rose Cube”の作成。」に引き続き、更に小さい折り紙を使用して、”Valere Vann”さんの作品”Magic Rose Cube”を作成しました。
magicrosecube1_5.jpg

「Magic Rose Cube」です。(写真はクリックで拡大します)
写真左、”Magic Rose Cube”を閉じて立方体にしたところです。
写真右、”Magic Rose Cube”を開いて薔薇にしたところです。
糊付け等は一切していません。
大きさの比較のために、1円玉を立体の下に置きました。
ユニット数は、花びらのユニットが3個で葉のユニットが3個の合計6個です。
ユニットは、1.5cm×1.5cmの折り紙で作成しています。
立方体の形にした時の1辺の長さは、約0.5cmです。

昨日作成した”Magic Rose Cube”よりも、一辺の長さが約0.2cm小さくなりました。
小さくなった分、昨日の”Magic Rose Cube”よりもユニットの組み立てに苦労をしました。
ユニットの組み立てに使用した時間は約10分です・・・非常に組み難く、何度も”もう、糊付けをしようかな・・・”と思ってしまいました。^^;
約10分間の格闘の末、何とか組めて良かったのですが、今の私の技術では、これ以上小さい折り紙での作成は不可能だと感じました。
この1.5cm×1.5cmでの作成が上手く行けば、次は1.0cm×1.0cmで挑戦をしようと思っていたのですが・・・駄目ですね、ここが限界のようです。
magicrosecube1_51.jpg

「Magic Rose Cube」を開いて薔薇にしたところを少し遠くから写したところです。
この大きさでも、見事に”薔薇”です。
本当に、この”Magic Rose Cube”は凄いです。
magicrosecube1_52.jpg

今までに作成した内の5種類の「Magic Rose Cube」を並べました。(写真はクリックで拡大します)
左から順に5cm×5cm、3.75cm×3.75cm、2.5cm×2.5cm、1.875cm×1.875cm、1.5cm×1.5cmの折り紙で作成した”Magic Rose Cube”となっています。
写真左、”Magic Rose Cube”を閉じて立方体にしたところです。
写真右、”Magic Rose Cube”を開いて薔薇にしたところです。
5cm×5cmの折り紙で作成した”Magic Rose Cube”が更に大きく見えます。^^;
これだけ並ぶと、2.5cm×2.5cmで作成した”Magic Rose Cube”まで結構大きく見えますね・・・う~ん、面白い。
magicrosecube1_53.jpg

今までに作成した8種類の「Magic Rose Cube」を並べました。
左から順に15cm×15cm、10cm×10cm、7.5cm×7.5cm、5cm×5cm、3.75cm×3.75cm、2.5cm×2.5cm、1.875cm×1.875cm、1.5cm×1.5cmの折り紙で作成した”Magic Rose Cube”となっています。
15cm×15cmの折り紙で作成した”Magic Rose Cube”がとんでもなく大きく見えます。
まあ、実際に15cm×15cmのものは大きいのですが、大きさの錯視(と、言っていいのかな?)は面白いです。
1.0cm×1.0cmも挑戦するだけは挑戦してみようかなぁ・・う~む・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。
スポンサーサイト

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


1.875×1.875cmの折り紙で”Magic Rose Cube”の作成。

2.5cm×2.5cmの折り紙で”Magic Rose Cube”の作成。」に引き続き、更に小さい折り紙を使用して、”Valere Vann”さんの作品”Magic Rose Cube”を作成しました。
magicrosecube1875.jpg

「Magic Rose Cube」です。(写真はクリックで拡大します)
写真左、”Magic Rose Cube”を閉じて立方体にしたところです。
写真右、”Magic Rose Cube”を開いて薔薇にしたところです。
糊付け等は一切していません。
大きさの比較のために、1円玉を立体の下に置きました。
ユニット数は、花びらのユニットが3個で葉のユニットが3個の合計6個です。
ユニットは、1.875cm×1.875cmの折り紙で作成しています。
立方体の形にした時の1辺の長さは、約0.7cmです。

ユニットが、かなり小さくなり、ユニットを組む作業にかなり苦労をしました。
しかし、これだけ小さくてもシッカリと”薔薇”の形になるのは見事です・・・やはり、この作品は凄いです・・・。
magicrosecube18751.jpg

今までに作成した内の4種類の「Magic Rose Cube」を並べました。(写真はクリックで拡大します)
左から順に5cm×5cm、3.75cm×3.75cm、2.5cm×2.5cm、1.875cm×1.875cmの折り紙で作成した”Magic Rose Cube”となっています。
写真左、”Magic Rose Cube”を閉じて立方体にしたところです。
写真右、”Magic Rose Cube”を開いて薔薇にしたところです。
昨日は5cm×5cmのものが、かなり大きく見えましたが、本日は3.75cm×3.75cmのものも、かなり大きく見えます。^^;
う~ん、面白い・・・。
次は、1.5cm×1.5cmの折り紙で作成に挑戦してみようかな・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


2.5cm×2.5cmの折り紙で”Magic Rose Cube”の作成。

3.75cm×3.75cmの折り紙で”Magic Rose Cube”の作成。」に引き続き、更に小さい折り紙を使用して、”Valere Vann”さんの作品”Magic Rose Cube”を作成しました。
magicrosecube25.jpg

「Magic Rose Cube」です。(写真はクリックで拡大します)
写真左、”Magic Rose Cube”を閉じて立方体にしたところです。
写真右、”Magic Rose Cube”を開いて薔薇にしたところです。
糊付け等は一切していません。
ユニット数は、花びらのユニットが3個で葉のユニットが3個の合計6個です。
ユニットは、2.5cm×2.5cmの折り紙で作成しています。
立方体の形にした時の1辺の長さは、約1.0cmです。
magicrosecube251.jpg

作成した「Magic Rose Cube」の”花びら”と”葉”を開いたところの拡大写真です。
かなり小さく出来ました。
ユニットは3.75cm×3.75cmで作成したときよりも当然小さいのですが、何故か3.75cm×3.75cmで作成したときと同様、ほとんど苦労も無く組み立てることが出来ました。
ユニットの大きさが遥かに大きい5.0cm×5.0cmの折り紙で作成したときは、もっと苦労をしたのに・・・原因は何だろう、本当に不思議です。
magicrosecube252.jpg

今までに作成した内の3種類の「Magic Rose Cube」を並べました。(写真はクリックで拡大します)
左から順に5cm×5cm、3.75cm×3.75cm、2.5cm×2.5cmの折り紙で作成した”Magic Rose Cube”となっています。
写真左、”Magic Rose Cube”を開いて薔薇にしたところです。
写真右、”Magic Rose Cube”を閉じて立方体にしたところです。
こうして並べると、5cm×5cmの物がやけに大きく見えます。^^;
本当は5cm×5cmの物でも小さいのですが・・・う~む、面白い・・・。
次は、1.875cm×1.875cmの折り紙で挑戦しようかな・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


3.75cm×3.75cmの折り紙で”Magic Rose Cube”の作成。

「10cm×10cmと5cm×5cmの折り紙で”Magic Rose Cube”の作成。」に引き続き、更に小さい折り紙を使用して”Magic Rose Cube”を作成しました。
magicrosecube375.jpg

「Magic Rose Cube」のユニットです。
ユニット数は、花びらのユニットが3個で葉のユニットが3個の合計6個です。
ユニットは、3.75cm×3.75cmの折り紙で作成しています。
magicrosecube3751.jpg

「Magic Rose Cube」です。(写真はクリックで拡大します)
写真左、”Magic Rose Cube”の立方体(閉じたところ)の形です。
写真右、”Magic Rose Cube”を”花びら”と”葉”を開いたところです。
6個のユニットを組み合わせて作成しています。
糊付け等は一切していません。
立方体の形にした時の1辺の長さは、約1.4cmです。
大きい”Magic Rose Cube”も良いですが、小さい”Magic Rose Cube”も迫力はありませんが可愛くて良い感じです。
以前、5cm×5cmの折り紙で作成した際に、ユニットの組み立てに少し苦労をしたのですが、こちらはさほど苦労をせずに組みあがりました。
5cm×5cmを組み上げたときと何が違うのかと、しばらく考えましたが・・・理由は分かりませんでした・・・う~む、何が違ったのかなぁ・・・。
magicrosecube3752.jpg

作成した「Magic Rose Cube」を並べました。(写真はクリックで拡大します)
手前から順に、3.75cm×3.75cm、5cm×5cm、10cm×10cm、15cm×15cmの折り紙で作成した”Magic Rose Cube”となっています。
う~む、面白い。
次は、2.5cm×2.5cmの折り紙で作成してみようかな・・・作成できるかなぁ・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”やぐら -ちょうむすび-”のユニットを使用してnaef社の積木”Vivo”を作る。 その12

その11”に引き続き、布施知子さんの本「ユニット あらかると」のP73~P75で紹介されている”やぐら -ちょうむすび-”を使用してnaef社の積木”Vivo”の12ピース目を作成しました。
tyouyunit38_vivo12.jpg

写真左、「Vivo」の12ピース目に使用するユニットです。
写真右、写真左のユニットを組み立てて作成した「Vivo」の12ピース目です。
糊付け等は一切していません。
ユニット数は、38個です。
ユニットは、5.0cm×5.0cmの折り紙で作成しています。
これで「Vivo」の12ピースを全て作成し終えました。
この”Vivo”に使用した”やぐら -ちょうむすび-”の総ユニット数は、456個です。
tyouyunit38_vivo121.jpg

早速、作成した12ピースを使用して積み上げました。
”Vivo”のピースを積み上げていると、更に・・・更に・・・という感じで、積み上げるピースが欲しくなります。^^;
やはり赤色のピースも作成しようかな・・・。
tyouyunit38_vivo122.jpg

更に積み上げました。
この積木は非常に楽しいです。
積み上げる(遊ぶ)たびに、改めて作者の相沢康夫さんは凄いな~・・・と感心します。
tyouyunit38_vivo123.jpg

更に。
こうして並べるだけでも楽しいです。
tyouyunit38_vivo124.jpg

更に・・・。
う~む、面白い。^^

ようやく”Vivo”の全12ピースを作成し終えました。
作成開始(1ピース目を作成した日)から57日目です
総ユニット数456個を日で割ると一日8個ユニットを作成したことになります。
全ピースを作成するのに結構苦労をした気がしたのですが、この計算結果を見ると・・・やはり私の作成速度が遅いということですね・・・。^^;
・・・あ、いや、毎日ユニットを作成していたわけではないから12日で割らないと駄目なのか・・・う~む、しかし57日経過してるから・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

「やぐら -ちょうむすび-」で作成した立体を纏めておきます。
□作成できた立体
正3角柱
反3角柱
反4角柱
正6角柱
反6角柱
正6面体
正8面体
正20面体
立方8面体
斜方立方8面体
変形立方体
菱形12面体
菱形20面体
菱形30面体
切頂4面体
切頂8面体
15面体(菱形4角形が10個、正4角形が5個)
15面体(正3角形10個、正4角形5個)
正12面体の星型
正20面体(正20面体の1面が4個の正3角形の集まりで構成されている)
正20面体(正20面体の1面が9個の正3角形の集まりで構成されている)
「naef社の積木”Vivo”の形」(少し不完全な形)

□作成できなかった立体
正5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
反5角柱」(”5角形の面”が”5個の3角形”で構成されている立体ならば作成可能)
正4面体」(歪んだ形ならば作成可能)
正12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)
20・12面体」(”不完全なユニットの繋ぎ方”の状態でも作成不可能)(5角形の面が5角錐の形ならば作成可能
斜方20・12面体」(5角形の面が5角錐の形ならば作成可能)
変形12面体」(5角形の面が5角錐の形ならば作成可能)
切頂20面体」(5角形の面が5角錐の形ならば作成可能)

□試してないけど作成できないと分かった立体
「切頂6面体」

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


7.5cm×4.5cmの折り紙で”桜玉”の作成。

川崎和敏さんの本「折り紙夢World」のP87~P89で紹介されている”桜玉”の30枚組を作成しました。
sakuratama_tiyogami.jpg

「桜玉」のユニットです。
ユニット数は、30個です。
ユニットは、7.5cm×4.5cmの柄無しの千代紙で作成しています。
以前、5cm×3cmの折り紙を使用して”桜玉”を作成した際に、折り紙が小さくて折り難かったので、本日は折り紙の大きさを少し大きくしました。
その結果、かなり楽にユニットを折ることが出来ました。
7.5cm×4.5cmで、これだけ楽に折れるのなら、更に大きくした10cm×6cmならばもっと楽に折ることができるでしょうね・・・う~む、10cm×6cmでも作成してみようかな。
sakuratama_tiyogami1.jpg

「桜玉」です。
30個のユニットを組み合わせて作成しています。
糊付け等は一切していません。
”正12面体”の各面の”桜の花びら”の形が非常に綺麗です。
sakuratama_tiyogami2.jpg

立体を別の角度から見たところです。
5:3の比率の折り紙を作成する作業が少し面倒ですが、この形は何度も作成したくなります。
この形は、真白のバターの包み紙で作成しても綺麗かも・・・う~む。
sakuratama_tiyogami3.jpg

作成した「桜玉」と以前に5cm×3cmの折り紙を使用して作成した「桜玉」を並べました。
隣同士に並べた両立体を見ていて、ふと積み上げたくなり、
sakuratama_tiyogami4.jpg

積み上げました。
積み上げた結果、下の立体の”桜の花びら”の凹の部分にピタリと上の”桜の花びら”の凸の部分が乗りました。
写真では少し見難いですが、これは見事です。
・・・今、気が付きましたが、小さい方の”桜玉”を大きい方の”桜玉”の内部に収めることが出来ますね・・・試してみようか・・・いや、千代紙でもう一つ作成してそれを内部に入れるか・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


10cm×10cmと5cm×5cmの折り紙で”Magic Rose Cube”の作成。

昨日に引き続き、10cm×10cmの折り紙と5cm×5cmの折り紙を使用して”Valere Vann”さんの作品”Magic Rose Cube”を作成しました。
magicrosecube10_5.jpg

10cm×10cmの折り紙で作成した「Magic Rose Cube」と5cm×5cmの折り紙で作成した「Magic Rose Cube」です。
ユニット数は、花びらのユニットが3個で葉のユニットが3個の合計6個です。
ユニットは、10cm×10cmは和紙で、5cm×5cmは折り紙(トーヨーの千羽鶴折り紙)で作成しています。
両立体ともに、糊付け等は一切していません。
今まで”Magic Rose Cube”を作成するときは、何故かほぼ7.5cm×7.5cmの折り紙で(う~む、何故だろう)作成していたので、大きさが変わると同じ立体でも新鮮な感じがします。
magicrosecube10_51.jpg

「Magic Rose Cube」を開いて薔薇の形にしたところです。
和紙で作成した”「Magic Rose Cube”が思った以上に綺麗だったので少し驚きました。
今まで”花びら”の部分を1色にする(白い部分が無い状態にする)と何か違和感を感じる薔薇になっていたのですが、この和紙は、そのような違和感が全くなく非常に綺麗です。
この和紙の紙の表面の凸凹が、紙の表面に薄い影を作っているので、その色の変化のせいで違和感無く見えるのかな・・・う~む、不思議だ・・・。
magicrosecube10_52.jpg

作成した3種類の「Magic Rose Cube」を並べました。(写真はクリックで拡大します)
手前から順に5cm×5cm、10cm×10cm、15cm×15cmの折り紙で作成した”Magic Rose Cube”となっています。
写真左、”Magic Rose Cube”を開いて薔薇にしたところです。
写真右、”Magic Rose Cube”を閉じて立方体にしたところです。
次は、3.75cm×3.75cmの折り紙で作成に挑戦してみようかな・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


15cm×15cmの折り紙で”Magic Rose Cube”の作成。

久々に”Valere Vann”さんの作品”Magic Rose Cube”が作成したくなり、いつもの通り7.5cm×7.5cmの折り紙を手に取ったところで、ふと”そういえば15cm×15cmの折り紙で作成したことがないな・・・”と思い、15cm×15cmの折り紙で作成することにしました。
magicrosecube15.jpg

「Magic Rose Cube」のユニットです。
ユニット数は、花びらのユニットが3個で葉のユニットが3個の合計6個です。
ユニットは、15cm×15cmの和紙で作成しています。
magicrosecube151.jpg

「Magic Rose Cube」です。
6個のユニットを組み合わせて作成しています。
糊付け等は一切していません。
初めて”Magic Rose Cube”を15cm×15cmの折り紙で作成しましたが、思っていたよりも大きく出来て少し驚きました。
作成前から7.5cm×7.5cmの折り紙を使用して作成した同立体の8倍の体積になることは理解できていたのですが、実際に見ると8倍以上の大きさがあるように見えます。
magicrosecube152.jpg

「Magic Rose Cube」を開いて薔薇の形にしたものです。
薔薇の花を開いた状態ですが、もうどうみても7.5cm×7.5cmの折り紙を使用して作成した同立体の8倍以上の体積があるように見えます。
物凄く大きく、迫力があり、そして綺麗です・・・これは見事です。
magicrosecube153.jpg

作成した15cm×15cmの「Magic Rose Cube」と、以前に作成した7.5cm×7.5cmの「Magic Rose Cube」を並べました。(写真はクリックで拡大します)
7.5cm×7.5cmで作成した”Magic Rose Cube”が、かなり小さく見えます。^^;
う~む、立体は面白い。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


珈琲豆の焙煎。生豆を混合して焙煎しました。

焙煎をした珈琲豆が尽きたので、珈琲豆の焙煎を行いました。

焙煎をした生豆は「モカ クイーンナチュラル」 80gと、「ブラジル アプカラーナ」 80gの合計160gを一度に焙煎しました。
生豆は、焙煎前に48℃のお湯で洗い汚れと皮を取り除きました。
これで、「モカ クイーンナチュラル」の生豆2kgを全て消費しました。
他の2種類の生豆、「ブラジル アプカラーナ」と「コロンビア スプレモ メリノ」も、残り200gあるかないかというところまで来ました。
次の生豆を何にしようかなぁ・・・。
kohi_20080523193212.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
今回も前回同様「プシプシーナ珈琲」さんからお教えいただいた通り、1ハゼ前の生豆の色が黄色く変化したところで、一旦焙煎鍋から生豆を取り出し、死豆を取り除きました。
焙煎時間は、約14分(2ハゼが完全に終了後に焙煎終了)で、途中の死豆を取り除く作業を含めると約17分です。
焙煎途中のハンドピックで取り除かれた死豆は、11粒でした。
焙煎終了後のハンドピックで取り除かれた死豆は、2粒でした。
今度こそ、焙煎途中の死豆探しで取り逃しのないようにとかなり気合を入れてハンドピックを行ったのですが・・・やはり難しいですね・・・う~む。
kohi1_20080523193226.jpg

焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。
今回も1ハゼ、2ハゼはともに綺麗に音が聞こえてきました。
豆の膨らみ・香り等も問題はなさそうです。
明日飲むのが楽しみです。

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ


”八坂産イチゴとカキ”の”カキ”の作成。

布施知子さんの本「暮らしを彩る おりがみの贈りもの」のP22~P23で紹介されている”八坂産イチゴとカキ”の”カキ”を作成しました。
kaki.jpg

少し葉の部分が歪んだ「カキ」です。
15cm×15cmの折り紙1枚で作成しています。
何とか”カキ”の形に出来ましたが、”カキ”を折る途中で折り図に理解できない箇所があり、”多分こうだろう・・・”と勝手に解釈した結果、おかしな場所に折り線を付けてしまいました。
そのせいで”カキ”の葉の部分の形が少し歪んでしまいました。

作成後に、理解できなかった箇所の折り図をジックリと見直して”あっ!こういうことか!”と理解が出来たので、もう一度挑戦しました。
kaki1.jpg

「カキ」です。
15cm×15cmの折り紙1枚で作成しています。
今度は、葉の部分の歪みもなく本体の膨らみ具合(形)も問題なしの”カキ”が出来ました。
色は橙色の折り紙が尽きてしまったので”渋柿”のイメージで茶色にしました。
”渋柿”は、こんなにふっくらしていないですが・・・。^^;
今、思えば、”薄い黄色”か”薄い緑”でも良かったですね・・・う~む、思いつかなかった・・・。
kaki2.jpg

作成した2個の「カキ」を並べました。
しかし最近、折り図の理解不足や見誤りが多くなったような気がします・・・これはいけません・・・気を引き締めよう・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”ベビー・シューズ”の作成。

布施知子さんの本「暮らしを彩る おりがみの贈りもの」のP10~P11で紹介されている”ベビー・シューズ”と”リボンの飾り”を作成しました。
bebi_kutu.jpg

「リボンの飾り」が付いた「ベビー・シューズ」2足です。
”ベビー・シューズ”は15cm×15cmの折り紙で作成し、”リボンの飾り”は7.5cm×3.75cmの折り紙で作成しています。
糊付け等は一切していません。
雰囲気が良く可愛い靴です。
布施知子さんの作品は、本当に凄いですね~。
この靴の形が気に入ったので、小さい”ベビー・シューズ”も作成しました。
bebi_kutu1.jpg

「リボンの飾り」が付いた「ベビー・シューズ」1足です。(写真はクリックで拡大します)
”ベビー・シューズ”は6cm×6cmの和紙で作成し、”リボンの飾り”は3cm×1.5cmの折り紙で作成しています。
う~ん、やはり良い感じです。^^
柄つきの折り紙で作成すると更に楽しそうです。
bebi_kutu2.jpg

15cm×15cmの折り紙で作成した「ベビー・シューズ」と6cm×6cmで作成した「ベビー・シューズ」を並べました。
5cm×5cmの折り紙でも作成できるかな・・・試してみようかな・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”桜玉”の作成。

川崎和敏さんの本「折り紙夢World」のP87~P89で紹介されている”桜玉”の30枚組を作成しました。
今まで2:1の比率の折り紙を使用してユニットを作成して、そのユニットで立体を組んできましたが(その1その2その3)、本日は、本で紹介されている”桜玉”に最適な比率である5:3の比率の折り紙を使用してユニットを作成しました。
sakuratama_20080520192105.jpg

「桜玉」です。
ユニット数は、30個です。
糊付け等は一切していません。
ユニットは、5cm×3cmの折り紙で作成しています。
ユニットを作成するには5:3の比率の折り紙が必要・・・ということで、15cm×15cmの折り紙を15分割して5cm×3cmの大きさの紙を作りました。
ユニットを作成する前までは、この大きさで良いかと思っていたのですが、ユニットを3個ほど作成した後に10cm×6cm(または7.5cm×4.5cm)の大きさにしておけばよかったと少し後悔しました。
しかし、少しユニットの形が崩れている箇所があるものの何とか糊付け無しで組めて良かったです。^^;
sakuratama1_20080520192118.jpg

立体を別の角度から見たところです。
”正12面体”の形をしています。
2:1の比率の紙から折ったユニットで作成した立体に比べると、この5:3の比率の紙から折ったユニットで作成した立体は、見事に”球”で、”桜の花びら”の形がより鮮明で格好良いです。
この形から考えると、確かに2:1の比率の紙から折ったユニットで作成された立体は”間抜けな形”と記述されるのも頷けます。
う~む、格好良い・・・。
sakuratama2_20080520192131.jpg

更に別の角度から見たところです。
桃色の折り紙が手元に無かったので緑色と橙色の2色で作成しましたが、やはりこの立体は桃色で作成するのが良いですね。
緑色と橙色の組み合わせも悪くはないのですが・・・う~む、次は和紙で、もう少し大きなものを作成してみようかな・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”やぐら -ちょうむすび-”のユニットを使用してnaef社の積木”Vivo”を作る。 その11

その10”に引き続き、布施知子さんの本「ユニット あらかると」のP73~P75で紹介されている”やぐら -ちょうむすび-”を使用してnaef社の積木”Vivo”の11ピース目を作成しました。
tyouyunit38_vivo11.jpg

「Vivo」の11ピース目です。
糊付け等は一切していません。
ユニット数は、38個です。
ユニットは、5.0cm×5.0cmの折り紙で作成しています。
tyouyunit38_vivo111.jpg

今まで作成した11ピースを積み上げました。
tyouyunit38_vivo112.jpg

更に積み上げました。(写真はクリックで拡大します)
写真右は、写真左のものを別の角度から見たところです。
tyouyunit38_vivo113.jpg

更に。
う~ん、楽しい。
”Vivo”は本当に凄い積み木ですね~、作者の相沢康夫さんは凄いです。
相沢康夫さんの新作の積木”Cuby”(naef社から発売されています)も非常に面白そうです。
う~む、”Vivo”と”Cuby”纏めて購入しようかな・・・。

これで”Vivo”の全12ピースのうち、11ピースを作成しました。
後1ピースで一応完成というところまできました。
作成当初は、6ピースぐらい作成すれば遊ぶには十分だろうと思いましたが、ここまで作成してみると更にもう1セット(12ピース)欲しいな・・・という気分になってきました。^^;
しかし、もう1セット作成するのならユニットを少し小さくして、小さいバージョンの”Vivo”を作成するのも楽しいかも・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”羊”の作成。

前川淳さんの本「本格折り紙」のP78~P80で紹介されている”羊”を作成しました。
hituji.jpg

「羊」の失敗作です。
15cm×15cmの折り紙1枚で作成しています。
折り図の48工程から先の部分で折り方が分からなくなり、何とか形を作ろうと色々と試行錯誤した結果、この形に落ち着きました。^^;
本で紹介されている見本写真と比べると顔・耳・角の3箇所が明らかに形が違っています。

そして、”コンプレックス系は難しいなぁ・・・”と思いつつ、もう一度挑戦しました。
hituji1.jpg

「羊」です。
15cm×15cmの折り紙1枚で作成しています。
今度は全工程折り図通りに折り進めることが出来ました。
完成した”羊”の形も、本で紹介されている見本通り(少し”角”が上手く曲がりませんでしたが^^;)の形に出来上がりました。
見事な”羊”です・・・前川淳さんの造形は本当に見事です、作成するたびに感心します。
1回目に何故”顔・耳・角”の部分の折り方が分からなかったのかという理由も分かりました。
その失敗の理由は純粋な折り図の見間違いで、”折るべき場所を折らずに折り進めた”のが原因でした。
かなり間抜けな失敗をしてしまいました・・・今後は、こういうことが無いように気をつけよう。
hituji2.jpg

「羊」を別の角度から見たところです。
折り図の見間違いが無くても、やはりコンプレックス系は難しいですね~。^^;
ユニット系とコンプレックス系の難しさを比べるのは、そもそも間違いだとは思いますが、ユニット系の多くても30工程以内で作成できる”ユニット”を折る作業に慣れていると、50工程以上にもなるコンプレックス系作品を”紙を破らずに綺麗に折る”のは恐ろしく難しい作業に感じます。
丁寧に1工程ずつ折れば良いという点は”ユニット系”も”コンプレックス系”も同じなのですが、”コンプレックス系”の折り工程の多い作品を作成していると、どうしても折り途中で紙が破れるのです。
この”紙が破れる”点を克服するには、どうすれば良いのか・・・折り技術を向上させるしかないかな・・・もっと色々折って折り技術を上げていこう・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”桜玉”の作成に失敗をしたので、色々試しました。 その3

その2”に引き続き、川崎和敏さんの作品”桜玉”(”折り紙夢World”のP87~P89で紹介されているユニット折り紙作品)のユニットを2:1の比率の折り紙で作成した30個のユニットを使用して、”球”の形が作成できないか試しました。

本日は、5:3の比率の折り紙でユニットを作成して本来の”桜玉”を作成しようかと思いましたが、ふと”桜の花びらが6枚ならば、切頂20面体の形が出来ないだろうか・・・”と思いつき、まずは、ユニットを6個組み合わせることが出来るか試しました。
sakuratama_setyou8mentai.jpg

2:1の比率の折り紙で作成した「桜玉」のユニットを6個組み合わせた形です。
糊付け等一切していません。
ユニットに無理な力も、歪みも無く組むことが出来ました。
これならば”切頂20面体”が出来るかも・・・と思い、早速組み立て作業に入りましたが、どうしても”5枚の花びら”の周りに”6枚の花びら”を配置することが出来ませんでした。
”う~む、これは何とかならないかなぁ”と思い、20分ほどユニットの配置を変えてみましたが、昨日”立方8面体”が出来なかったのと同様に、どうしても”ユニットの手”に余り(お互いのユニットの手が重なってしまう)が出て上手く組めません。

”う~む、切頂20面体は駄目か・・・”と諦めた瞬間、ふと”この6枚の花びらが8個で”球”の形にならないか?”と疑問に思い、早速試しました。
sakuratama_setyou8mentai1.jpg

「6枚の花びら」を4個繋げた形です。
ここまで作成した時点で、これはどうやらいけそうだ・・・と思い、更にユニットを追加して、
sakuratama_setyou8mentai2.jpg

「6枚の花びら」を8個繋げた形です。
糊付け等一切していません。
ユニット数は、24個です。
見事に”球”の形になりました。
形としては”6角形”が8個と”4角形”が6個の”切頂8面体”の形になっています。
2:1の比率の折り紙で作成したユニットを使用して作成する立体の中では、これが5:3の比率で作成する”桜玉”のイメージに一番近いのではないでしょうか?
う~ん、立体は本当に面白い・・・。
sakuratama_setyou8mentai3.jpg

作成した立体を別の角度から見たところです。(写真はクリックで拡大します)
”切頂8面体”の形が作成できたので、”切頂4面体”の形はできないだろうかと思い、立体を崩して試してみましたが、”立方8面体”や”切頂20面体”のように”ユニットの手”が余る状態になって組むことが出来ませんでした。
となると、このユニットでは、”辺”の隣の形が”4角形”か”5角形”の立体しか組むことが出来ない・・・ということでしょうか・・・。
5:3の比率の紙で作成したユニットならば、”立方8面体”等の形を組むことが出来るのか・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”桜玉”の作成に失敗をしたので、色々試しました。 その2

昨日、川崎和敏さんの作品”桜玉”(”折り紙夢World”のP87~P89で紹介されているユニット折り紙作品です)のユニットを2:1の比率の折り紙から30個ユニットを作成し、その30個のユニットで”球”の形が出来ないかと色々試しました。

本日は、その続き・・・作成した2:1の折り紙で作成したユニット30個を使用して”立方8面体”と”斜方立方8面体”が作成できるか試しました。
まずは”立方8面体”から試そうと思い、
sakuratama_syahourippou8mentai.jpg

「立方8面体」の形を目指して、半分組み立てました。
これはどうやら組み立てることが出来そうだ・・・と思い、一気に組み立てました。
sakuratama_syahourippou8mentai1.jpg

「斜方立方8面体」の形です。
ユニット数は、24個です。
糊付け等は一切していません。
”立方8面体”を組み立てたはずだったのですが、組み立て終わると”斜方立方8面体”の形になっていました。^^;
sakuratama_syahourippou8mentai2.jpg

組んだ立体を別の角度から見たところです。
”う~む、おかしいな、”立方8面体”を作成したはずなのに・・・”と思いつつ、何度も形を確認しましたが、これは間違いなく”斜方立方8面体”の形になっています。

そして、今度こそと思い立体を崩して”立方8面体”の形を作成しようとして、ようやくこのユニットでは”立方8面体”の形が作成できないことが分かりました。
”立方8面体”の4角形の辺に隣り合う3角形の部分を作成しようとすると、ユニットの手が邪魔をして作成できないのです。
そして、その3角形の部分のユニットの手を上手く繋げようとすると、上の写真の通りの”斜方立方8面体”の形になってしまいます。
ということは、この2:1の比率で作成した”桜玉”のユニットを使用してユニットの歪みが無い状態で”球”の形を作成しようとすると”20・12面体”の形にするのが良い・・・ということになります。
他に見逃していなければですが・・・。^^;

さて、次は・・・5:3の比率の紙でユニットを作成して本物の”桜玉”を作成しようか・・・2:1の、このユニットでもう少し組んでみようか・・・う~む。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”カラーグラシン紙”を購入しました。

昨日、三重県菰野町に在る”菰野図書館”に行き、その帰り道に久しぶりに雑貨屋”novi”さんに行きました。

何か面白いものは無いかな~、と店内を物色した結果、日本では流通をしていないタイ産の紙「カラーグラシン紙」という変わった紙を発見しました。
gurasin.jpg

「カラーグラシン紙」です。
一枚の大きさは、約25.2cm×37.5cmです。
かなり薄い紙で、本の表紙の上に紙を置くと本の表紙が透けて見えます。
手触りは両面共に滑らかで、なかなか良い感じです。
”薄手の藁半紙”か”習字に使用する半紙”が、この”カラーグラシン紙”に近いと思います。
gurasin1.jpg

前川淳さんの本「本格折り紙」の表紙の上に、緑色の「カラーグラシン紙」を1枚置きました。
見事に本の表紙が透けて、表紙の模様に緑色が付加された状態になっています。
気に入った紙が増えていくのは嬉しいことなのですが、増えすぎて困る状態になってきました。^^;
さて、この紙で何を作ろうかなぁ・・・。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


”桜玉”の作成に失敗をしたので、色々試しました。

三重県菰野町に在る、最近出来たばかりの菰野町図書館に行きました。
図書館に到着して驚きました、流石は菰野町の建物です、物凄く綺麗です。
三重県四日市市の図書館とは大違い・・・まあ、年季も違いますが。^^;

しかし、少し残念だったのが蔵書が思ったよりも少なかったことです。
期待をしていた折り紙関係の本がほとんど無く、パズル・幾何学等の本もイマイチ少ないです。
布施知子さんの折り紙本は1冊しかなく、芦ヶ原伸之さんの本にいたっては1冊もありませんでした。
”季節を折る”も、1冊も置いていませんでした・・・残念です。

そして、同図書館で”折り紙関連の本”を色々と探していて、川崎和敏さんの本「折り紙 夢World」(機関車の折り紙が表紙のものです)を発見し、前々から作成してみたいと思っていた「桜玉」を作成することにしました。
sakuratama.jpg

「桜玉」のユニットと、ユニットを5個の花びらになるように組んだところです。(写真はクリックで拡大します)
ユニット数は、30個です。
ユニットに使用した折り紙は、7.5cm×3.75cmです。
糊付け等一切していません。
本には、”この桜玉のユニットは5:3の比率の紙を使用して作成してください。2:1でも出来ますが間抜けな形になります”という記述があり、それを読んだ私は”間抜けな形・・・それは見てみたい!”と思ってしまい、2:1の比率の折り紙でユニットを作成しました。
そして、写真右の状態から”桜玉”になるように組んでいったのですが・・・、
sakuratama1.jpg

ここまで組んだ状態で、これは駄目だと組むのを諦めました。
”桜玉”は”球”の状態になるはずなのですが、見事に”楕円”の状態になっています。
無理に”球”の形にしようと力をかけると、ユニットに歪みが出てしまい、川崎敏和さんの注意書きの”間抜けな形”を通り越して”酷い形”になってしまいます。^^;
2:1の比率の折り紙でユニットを作成したのは明らかに失敗でした。
素直に5:3の比率の紙で作成しておけばよかった・・・と後悔をしつつ、”何とか上手く”球”にする方法は・・・”と考えたところ”20・12面体”の形を思いつき、早速試しました。
sakuratama2.jpg

「桜玉」のユニット30個を「20・12面体」の形に組んだ形です。
”球”にするには、ユニットが足りませんでしたが(後30個必要です)、これならば予想通り”球”の形にすることが出来そうです。

”20・12面体”の形ならば、このユニットでも”球”にすることが出来ることは分かりましたが、作成した30個のユニットだけで”球”の形にするにはどうすれば良いのか?と思い、”これならば出来るかも”と思いついた形を、
sakuratama3.jpg

早速試しました。
4角形の周りに5角形が集まっています。
これならば少ないユニット数で”球”の形が作成できるかも・・・と思って組み立ててみたのですが、駄目でした。
ユニット数が後10個足りませんでした。
しかも、この形だと、ユニットを追加して完成させたとしても”球”ではなく”縦長の球”の形になりますね・・・今気がつきました、う~む。^^;

上の形が上手くいかなかったので更に考えた結果”5枚の花びらにこだわることはないか”と考え、5枚の花びらから4枚の花びらに変えて、その4枚の花びらで形を組むことにしました。
sakuratama4.jpg

4枚の花びらを7個と、ユニット2個を組んだ形です。(写真はクリックで拡大します)
平面上に伸びていき、一向に”球”になる気配がありません。
これも駄目でした。
どうやら、この2:1の比率の紙から作成した”桜玉”のユニットは、”20・12面体”の形に組むのが一番良さそうです。
・・・と書いてから気がつきましたが、”斜方立方八面体”や”立方八面体”の形ならば組めるのかな?
明日試してみようかな・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


クリップのパズルの4個組みをメモ用紙に止めました。 その2

以前、「クリップのパズルの4個組みと5個組みをメモ用紙に止めました。」の記事でクリップの4個組みと5個組みをメモ用紙に止めた際に、クリップの中央の4角形や5角形を切らずに(浮かさずに)作成した方が、より一層不思議な物体に見えるかな?と疑問に思いました。

疑問に思ってから、なかなか作成できませんでしたが、本日4個組みの方を作成しました。
kurip4kokumi_1.jpg

「メモ用紙にクリップの4個組みを止めた物体」です。
使用したメモ用紙は、以前香川県に旅行に行った際にアジア雑貨「RAG-STYLE」さんで購入した「MESSAGE PAD」から一枚切り取ったものです。
メモ用紙の一部に細く4箇所の切れ込みを入れて、そこにクリップの4個組みを組み込みました。
以前のものとは違い、クリップの中央の4角形の部分は切っていません(浮かしていません)。
中央の4角形が浮いていない分自由度が低くなり、以前作成した中央の4角形が浮いているものよりも組み難かったです。
kurip4kokumi_11.jpg

4個組みのクリップの部分を拡大しました。
中央の4角形の部分が浮いていない方が不思議に見えるかも・・・と思って作成をしたのですが、実際に作成してみると、どちらも不思議さはあまり変わりませんね・・・う~む。
kurip4kokumi_12.jpg

以前に作成した”中央の4角形が浮いた”ものと、本日作成した”中央の4角形が浮いていない”ものを並べました。
見た目の印象はどちらも、あまり変わらなかったのが少し残念です。
しかし、どちらも面白い形になっていることは確かです。^^
5個組も作成しようかと思っていたのですが、4個組みと同様に5個組みも見た目の不思議さはあまり変わらないと推測できて・・・う~ん、作成しようか・・・どうするか・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用


”Burr 3 pieces”の作成。

何か面白そうなペーパークラフトは無いかとWeb上を探していたところ、「paperinside.com - FREE Paper Models」という沢山のペーパークラフトと、その展開図を公開してくださっているWebページを発見しました。

その「paperinside.com - FREE Paper Models」さんの「puzzles」のページで公開してくださっている「Burr 3 pieces」を見て、これは面白そうだと思い、早速作成しました。
3barpazzle.jpg

「Burr 3 pieces」の3個のピースです。
ここまで作成するのに約40分程かかりました。
ペーパークラフトを作成するのは久しぶりで、少し作成速度が落ちているような気がします・・・う~む。
3barpazzle1.jpg

作成した3個のピースを組み合わせました。
このパズルと同じ形を以前に何度か(これとかこれとかこれとか)作成しましたが、これだけ厚みがあるものは初めて・・・だったような・・・いや以前に100円均一ショップで購入した木のパズルはこれと同じぐらいの厚みだったかな・・・。
3barpazzle2.jpg

3個のピースを組み合わせたものを別の角度から見たところです。
見事に組み合わさっています。
隙間があまり無く、キッチリと組み合わさっているので見ていて気持ちが良いです。^^
このような面白いペーパークラフトを公開してくださっている「paperinside.com - FREE Paper Models」さんに感謝します。
puzzles”のページで公開してくださっている”Box 3×3”も面白そうです。
そちらの方も作成してみようかな・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”やぐら -ちょうむすび-”のユニットを使用してnaef社の積木”Vivo”を作る。 その10

その9”に引き続き、布施知子さんの本「ユニット あらかると」のP73~P75で紹介されている”やぐら -ちょうむすび-”を使用してnaef社の積木”Vivo”の10ピース目を作成しました。
tyouyunit38_vivo10.jpg

「Vivo」の10ピース目です。
糊付け等は一切していません。
ユニット数は、38個です。
ユニットは、5.0cm×5.0cmの折り紙で作成しています。

早速、作成した10ピースを使用して積み上げました。
tyouyunit38_vivo101.jpg

ピースが増えると、遊びの(積みの)幅が広がりますが、積み上げた時の迫力も増します。
やはり、この積木は楽しいです。^^
これは12ピースといわず倍の24ピース作成しようかな・・・この形を積み上げていくと”もっと積み上げたい”という気になってきます。
この積み木は凄いです。
tyouyunit38_vivo102.jpg

更に積み上げました。(写真はクリックで拡大します)
tyouyunit38_vivo103.jpg

更に。
う~む、赤いピースも4個作成しようかなぁ・・・。

さて、残り2ピース・・・どんどん作成していこう。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”悪魔の面”の作成。

前川淳さんの本「本格折り紙」のP96~P97で紹介されている”悪魔の面”を作成しました。
akuma_no_men.jpg

「悪魔の面」・・・の、口の部分の紙が破れ、更に鼻が左右対称に出来ずに失敗したものです。^^;
虎の面”は一度で折るのに成功をしたので、こちらも一度で作成できるだろうと思っていただけに少しショックです。

今度こそ・・・と思い、もう一度”悪魔の面”に挑戦しました。
akuma_no_men1.jpg

もう一度作成をした「悪魔の面」です。
今度は、どこも破れず鼻のバランスもまずまず問題なく出来ました。
本の見本写真と比べると”目”の部分が少し形が違うような気がしますが、ほぼ見本通りに作成出来たので良しとします。^^;
akuma_no_men2.jpg

「悪魔の面」を別の角度から見たところです。
見事に立体になっています。
akuma_no_men3.jpg

失敗をした「悪魔の面」と成功をした「悪魔の面」を並べました。
前川淳さんの造形は、本当に見事ですね~・・・凄いです。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


ジグソーパズルPetitシリーズの204ピースの”物見の塔”を組み立てる。

株式会社やのまん”さんが発売しているパズル「ジグソーパズルPetitシリーズ 物見の塔 204P」を組み立てました。
monomino_tou.jpg

組み立て後、枠組みに入れた「物見の塔」(204P)です。
この”物見の塔”も、昨日作成した”滝”と同じく組み立てに2時間30分ほどかかりました。
ピースが小さすぎて絵柄が見難い以外は、このジグソーパズルは素晴らしい出来だと思います。
ピースを組む時の感触も、ピースの強度(かなり頑丈に出来ています)も素晴らしいです。
”滝”に付属していたピンセットには”マサムネ”と書いてありましたが、この”物見の塔”に付属していたピンセットには”エクスカリバー”と書いてありました。
今回は、最後の1ピースのみ付属の”エクスカリバー”で嵌めました。
何方の発案かはわかりませんが、刀や剣の名前を付ける、この発想は面白いですね~。
そして、その発案を実行する”やのまん”さんも凄いです。
monomino_tou1.jpg

枠組みに入れた「物見の塔」を別の角度から見たところです。
こちらも”滝”と同じく、近くから見るとピースの組み合わせの線が強調されて絵が見難いです。
しかし、遠くから見るとパズルの絵が非常に綺麗に見えます。
さて・・・”滝”と”物見の塔”・・・どこに飾っておこうかな~。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用


ジグソーパズルPetitシリーズの204ピースの”滝”を組み立てる。

株式会社やのまん”さんが発売しているパズル「ジグソーパズルPetitシリーズ 滝 204P」を組み立てました。
echer_taki_204ppazule.jpg

組み立て後、枠組みに入れた「滝」(204P)です。
たかが204ピース、されど204ピース・・・作成するのに2時間半ほどかかりました。^^;
世界最小のピースというだけはあって、物凄くピースが小さいです。
組み立てるためにピンセットが付属されていますが、ピンセットは使用せず素手で組み立てました。
説明通りにピンセットを使用してみましたが、かえって組み難かったです。
・・・今気がつきましたが、付属のピンセットの側面に”マサムネ”と書いてありました。
気が付いていれば最後の1ピースは”マサムネ”で嵌めたのに・・・う~む。
次の”物見の塔”では最後の1ピースは付属のピンセットで嵌めようかな・・・。
echer_taki_204ppazule1.jpg

枠組みに入れた「滝」を別の角度から見たところです。
近くから見るとピースとピースの組み合っている線の方がよく見えて”滝”の絵が見難いのですが、遠くから見ると、綺麗に”滝”の絵が見えます。
こんなに小さなピースに正確に切り分ける技術も凄いですが、こんなに小さなピースに綺麗に絵が載せられる印刷技術も凄いです。
”やのまん”さんの技術は凄いですね~。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用


珈琲の焙煎。

焙煎をした珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。
焙煎した生豆は「ブラジル アプカラーナ」 150gと「コロンビア スプレモ メリノ」 150gの合計 300gです。
焙煎は、150gずつ2回に分けて行いました。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い汚れと皮を取り除きました。

今回は、2008年5月2日の香川県への旅行で行った「プシプシーナ珈琲」さんにお教えいただいた焙煎理論(焙煎技術)を取り入れて、焙煎を行いました。
kohi_20080508192455.jpg

焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が”ブラジル アプカラーナ”で、盆の下側が”コロンビア スプレモ メリノ”です。
”プシプシーナ珈琲”さんにお教えいただいたとおり、1ハゼの前のl生豆が黄色く変色したところで一旦生豆を火から下ろし死豆の除去作業を行いました。
その時点で、”ブラジル アプカラーナ”は3粒、”コロンビア スプレモ メリノ”は2粒の死豆を除去しました。
そして、焙煎後のハンドピックで発見した死豆は、”ブラジル アプカラーナ”は0粒、”コロンビア スプレモ メリノ”は2粒でした。
恐らく、生豆が黄色く変色した時点で全ての死豆を除去するのが最高なのでしょうが・・・う~む、なかなか難しいですね・・・。
焙煎時間は、両豆ともに約14分(2ハゼが完全終了後に焙煎を終了)で、途中の死豆の除去時間を入れると約17分です。
両豆ともに1ハゼの音は、かなり大きく聞こえてきました。
kohi1_20080508192523.jpg

焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。(写真はクリックで拡大します)
写真左側が”ブラジル アプカラーナ”で、右側が”コロンビア スプレモ メリノ”です。
両豆ともに、豆の膨らみ・香り等問題は無さそうです。
明日飲むのが楽しみです。
それにしても、焙煎するたびに思いますが”コロンビア スプレモ メリノ”の豆の形は本当に綺麗ですね~。
この豆は購入して大正解でした。^^

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ


ハウステンボスのお土産。

父と母と姉と姉の息子の4人で長崎県佐世保市にある”ハウステンボス”に旅行に行き、色々とお土産を買ってきてくれました。
素敵なお土産を買ってきてくれた父達に感謝です。^^
tereidosucopu.jpg

「テレイドスコープ」です。
ハウステンボス内の「kaleido」というお店で購入したそうです。
”テレイドスコープ”の下敷きになっている黒い袋は、”テレイドスコープ”を収納する布袋です。
私の部屋に置いてある(散乱している・・・というのが正解かも^^;)折り紙作品を、この”テレイドスコープ”で見ると”テレイドスコープ”を通して見る景色が様々な色に彩られて非常に綺麗です。
次から旅行に行くときは、この”テレイドスコープ”を持っていって色々な景色を”テレイドスコープ”を通して見る・・・というのも楽しそうです。
esha.jpg

「M.C.Escher」のジグソーパズル「滝」と「物見の塔」です。
どちらも204ピースです。
早速中を見てみましたが・・・このパズル、ピースが物凄く小さいです。
何とピースを組み立てるのに使用するピンセットまでセットで付いています。^^;
最初、”204ピースならば、簡単に出来るな・・・”と思ったのですが、ピースの小ささを見て考えを改めました。
かなり気合を入れないと完成しそうにないです。
ぼちぼちと組み立てていくことにします。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


”やぐら -ちょうむすび-”のユニットを使用してnaef社の積木”Vivo”を作る。 その9

その8”に引き続き、布施知子さんの本「ユニット あらかると」のP73~P75で紹介されている”やぐら -ちょうむすび-”を使用してnaef社の積木”Vivo”の9ピース目を作成しました。
tyouyunit38_vivo9.jpg

「Vivo」の9ピース目です。
糊付け等は一切していません。
ユニット数は、38個です。
ユニットは、5.0cm×5.0cmの折り紙で作成しています。
tyouyunit38_vivo91.jpg

今までに作成した9ピースを積み上げました。
tyouyunit38_vivo92.jpg

更に積み上げました。
こういう積み上げ方をするたびに本物の”Vivo"が欲しくなります。^^;
tyouyunit38_vivo93.jpg

更に。
う~ん、楽しい。^^
残り3ピース・・・どんどん作成していこう・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


香川県へ”食べまくり”の小旅行。 2日目

1日目”に引き続き、讃岐うどんとカフェ巡り旅行の2日目(5月3日)の記録です。

2日目(5月3日)

午前8:30分、ビジネスホテルを出発。

午前9:00分、本日一軒目のうどん屋さん「がもう」に到着。
驚きました。
ゴールデンウィークに初めて”うどん屋”さんに行きましたが、まさか人が一杯で駐車場に入ることすら出来ないとは思いもよりませんでした。^^;
確かに、色々な”うどん本”を読んで知識としては知っていました・・・しかし、まさかこれほどとは・・・。
あまりの人の多さと車の多さを見て、従兄弟達と相談した結果「がもう」は諦めて、次のうどん屋さんに向かうことにしました。

午前9:30分、本日二軒目のうどん屋さん「なかむら」に到着。
ここも凄い人の多さ・・・そして駐車場の前では警備員さんが「一時間待ち」の看板を持っていました。
しかし、”がもう”を諦めてこちらに来たので、こちらでは意地でも食べる!と思い、従兄弟達と共に炎天下(物凄く良い天気で暑かったです、日焼けしてしまいました^^;)の中、1時間20分並んで”なかむら”のうどんを食べました。
kawaga_ryokou82.jpg

「なかむら」のうどんです。
並んだかいがありました、”なかむら”のうどんは相変わらず非常に美味しかったです。
透き通るような”いりこ”のスープに、物凄く弾力のある、しかしやさしい麺・・・やはりここは最高です。

午後11:50分、ケーキ屋さん「花小路」さんに到着。
ここもCafe本で紹介されているケーキ屋さんで、初めて行きました。
kawaga_ryokou83.jpg

「花小路」さんの「ロールケーキ」(果物のスフレロールだったかな?)と「エスプレッソ珈琲」です。
香川県のケーキ屋さんを巡っていて、初めて「う~ん、美味しいけど、まあまあかな・・・三重県でもありそうな・・・」と思うケーキ屋さんに巡り合いました。
ケーキの味は”まあまあ”でしたが、お店の雰囲気が非常に良く、1時間近くここで雑談をしました。
少し濃い味が好きなお方ならば、ここのケーキ屋さんは合うと思います。^^

午後13:30分、本日3件目のうどん屋さん「大円」に到着。
ここは、以前の「うどん旅行」で行ったときに”店長急病のため、臨時休業”で食べられなかったので、今回は是非食べたい・・・と思い旅程に入れてもらいました。
kawaga_ryokou84.jpg

「大円」の「おろしぶっかけうどん」です。
ここは以前食べたときと同じ、物凄い弾力(コシが強い)で非常に美味しいです。
旅程に入れてもらって良かった~と思いました。

午後14:10分、ケーキ屋さん「かにわしタルト店」に到着。
「かにわしタルト店」に行くのは、これで3度目です。
ここのお店のケーキは最高に美味しいです。
今回は、新発売のカードが付いているケーキを2つ購入しましたが、これがまた非常に美味しかったです。
今までに巡った香川県のケーキ屋さんの中で一番のお勧めのケーキ屋さんは?と問われたら間違いなく真っ先に、この「かにわしタルト店」の名前を出します。
お腹具合と財布が許せば、後2種類ぐらいは試して(購入して食べて)みたかったです。

午後15:00、本日4件目のうどん屋さん「もり家」に到着。
「もり家」さんを知ってから、うどん食べまくり旅行に行く、最後のうどん屋さんはいつも「もり家」さんになってしまいました。
kawaga_ryokou85.jpg

「もり家」さんの「天ぷらぶっかけうどん」です。
”もり家”さんのうどんは最高です・・・毎回毎回全く変わらない味で、非常に美味しいです。
うどん旅行では、このお店だけは絶対に外せません。
やはり、他のお方に安心して勧められるうどん屋さんは、間違いなくこの”もり家”さんです。
もし、香川県へ旅行に行かれるお方で”どこのうどん屋さんに行こう・・・”と迷っているお方がいらっしゃったら、是非この”もり家”さんに行ってみてください。
美味しいですよ~。^^

午後17:00、淡路島の「淡路島南PA」で休憩をかねてお土産を購入。

午後22:20、家に到着。
予定していたお店で食べられなかったところもありましたが(ワッフルや中国茶は残念でした)、大体旅程どおりにことが運び、そこそこ順調に旅行を終えることができました。
少しだけトラブルも発生しました。
まず一つ目は、車のカーナビゲーションが旅行の途中で調子が悪くなり、カーナビゲーションの液晶画面が”真っ白”になり、その復旧作業で少し時間を使用してしまいました。
カーナビゲーション不調の理由は10分ほどで見つかり、その対処をして、なんとか復旧をしましたが、かなり焦りました。^^;
2つ目は、ビジネスホテルのシャンプーが切れていたことです。
お風呂に入り、髪の毛をシャワーで濡らした後に、シャンプーが切れていた(シャンプーを出すための押しボタンが壊れていて中身が全部流れ出ていてシャンプーが空になっていた)ことに気が付きました。
”うわ~!これはどうしよう・・・そういえば、石鹸を使用して髪の毛を洗った人がいたな・・・ならばボディーソープを使用しても良いのではないか?、いやまてよ、要は髪の毛の油と汚れを取れば良いのだからお湯の温度を上げて少し洗う時間を少し長くすればよいのでは?・・・う~ん、家からシャンプーを少し持って来るべきだったか・・・”と3分ほど悩んだ挙句、ボディーソープを使用して更にお湯の温度を上げて少し時間をかけて洗っておきました。^^;
次の日、髪をチェックしましたが問題はなさそうで、ホッとしました・・・まあ、問題があっても何も出来ませんが。^^;

あ~、楽しかった。^^

今回の旅行で手に入れた物。
kawaga_ryokou86.jpg

1日目(5月2日)で立ち寄った、アジア雑貨「RAG-STYLE」さんで購入した「MESSAGE PAD」です。
この「MESSAGE PAD」に使用されている紙が、まるで和紙のような手触りの紙で、絵柄も可愛く、そして何よりも”このメモ用紙の縦横の長さの比率は1:√2では?”と思ったので思わず購入しました。
そして、今気がつきましたが、このメモ帳の表紙に「Nepalese Handmade Paper」と書いてあります。
ネパール・・・となるともしかして、この紙は「ロクタ紙」なのでしょうか。
う~む、気が付かなかった。^^;

テーマ:四国旅行 - ジャンル:旅行


香川県へ”食べまくり”の小旅行。 1日目

香川県へ5月1日の午後10:30分から5月3日の午後10:20分まで、従兄弟達と共に讃岐うどんとカフェ巡り旅行に行きました。
以下、旅行の記録です。

1日目(5月1日~5月2日)

午後10:30分に家を出て、午前12:30分頃奈良県の天理のラーメン屋さん「彩華」(屋台)で”彩華ラーメン”を食べました。
ラーメンを食べた後、天理を出発し、四国の香川県に向かいました。
最近は、岡山まで車を走らせてフェリーで四国に入っていたのですが、今回は明石海峡(鳴門大橋)を渡って四国に入りました。

午前5:00、香川県観音寺市有明町の「琴弾公園」の展望台に到着。
この”琴弾公園”に来た目的は、横幅122m、縦幅90mの砂を彫って作られた「銭形」を見るためです。
巨大な「銭形」を見るための展望台も公園内に設置されています。
午前5:00に到着してしまったので、まだ辺りが薄暗く「銭形」がハッキリ見えるまで1時間ほど待たなければなりませんでした。
kawaga_ryokou.jpg

展望台から見た「銭形」です。(午前6:00頃に撮影しています)
”寛永通寶”の4文字が砂に彫られています。
見事な迫力です。
ただ、携帯電話のカメラ(120万画素)で撮っているので、この写真では砂に彫られた文字が非常に見難いのが残念です。
実際は、とても綺麗に4文字が確認できます。
実物を展望台から眺めると、”こんな巨大な砂絵を、こんなに正確によく作ったな~”と感心します。
この「銭形」は、実際は”楕円形”なのですが、展望台から見ると見事に”円”に見えます・・・凄いです。
「銭形」を見た後、琴弾公園内を散策して、面白い物を発見しました。
kawaga_ryokou1.jpg

”琴弾公園”内にある「浴日館」と浴日館の庭にある「水琴窟」です。
写真左、「浴日館」の中の様子です。
写真右、「水琴窟」です。
最初「浴日館」を見つけて、”おお~、なかなか良い雰囲気の建物だな~”と思いつつ、そこを通り抜けて庭に出ると、何か規則正しく綺麗な音が聞こえてきて、”あれ?この音は何だ・・・?”と思い、辺りを見渡して音を出している正体”水琴窟”を発見しました。
私は、この”水琴窟”というものを初めて知りましたが、これは良いものですね~。
凄く澄んだ綺麗な音が出て、まるで風鈴のような・・・水が水面を打つ音を釜の中で反響させた音ということですが・・・なんとも綺麗な音でしばらく聞き入ってしまいました。
これからの季節に、この水の音はピッタリですね・・・これは家にも一つ欲しいなぁ・・・簡易版のようなものが自身で作成できないだろうか・・・う~む。

午前7:30分、モーニングを食べさせてくれる喫茶店「カフェ・ミニヨン」に到着。
本当は、ここの喫茶店には前回の香川旅行で手に入れた「香川県内の素敵なCafeを紹介する本」で紹介されている”ワッフル”を食べるはずだったのですが、「ワッフルは午後2時からです」とお店のお方に言われ、期待していたワッフルを食べることが出来ませんでした。
以前手に入れたCafe本には、”ワッフルは午後から”なんてことは一言も書いてなかったので、てっきりモーニングのメニューで”ワッフル”があるものだと思い込んでいました。
午後2時からしかないのだったら、本に一文書いて欲しかったです・・・。

午前9:00、和菓子・洋菓子・喫茶店のお店「白栄堂」に到着。
このお店も、Cafe本で紹介されているお店で、このお店の店内をデザインしたお方は和紙アーティストの・・・名前を忘れました、後に調べておきます・・・お方だと言うことで、”食べる”ことよりも店内を彩る”和紙作品”を見たいがために行きました。
そして、期待通り素敵なお店でした。
店員さんに撮影の許可を頂いて、気になった作品を撮りました。
kawaga_ryokou2.jpg

「白栄堂」のお店の写真と、白栄堂店内の「和紙の衝立」の写真です。
この”和紙の衝立”が、物凄く綺麗です。
写真では、その綺麗さが正確に伝わらないのが非常に残念です。
kawaga_ryokou3.jpg

同じく白栄堂店内の「和紙のランプシェード」2種類です。
写真左の方は、”立方8面体”を半分にした形だったので思わず撮影をしてしまいました。^^;
写真右の”和紙のランプシェード”は、やはり写真では見難いですが、表面に綺麗な模様が刻んであります。
kawaga_ryokou4.jpg

同じく白栄堂店内の「和紙の暖簾」2種類です。
この”暖簾”も素敵です。
和紙の中に、植物が漉いてあります。

午前9:20分、”琴弾公園”の近くにある「世界のコイン館」に到着。
ここは計画していた旅程には、入っていなかったのですが、”琴弾公園”内を散策している最中に、「世界のコイン館 開館時間は9時~・・・」という看板を見つけ、”是非行ってみたい!”と私がダダをこねて、行きました。
”世界のコイン館”は、なかなか面白かったです。
しかし、コイン館にいるお客さんは私一人でした・・・静かに見れて良いといえば良いですが、う~む、なかなか面白い博物館だと思うのですが、こういう場所って大体人気がないですね・・・不思議です。^^;

午前10:10分、本日一軒目のうどん屋「むさし」に到着。
kawaga_ryokou6.jpg

「むさし」の”カレーうどん”です。
やはり、このブラックカレーは美味しいです。
このカレーの作り方が知りたい・・・!と食べるたびに思います。

午前11:00分、Cafe本で調べたカレーを食べさせてくれるお店に到着。
本当は、カレーを食べるつもりだったのですが、私の体調が悪かったことと、そのお店のある界隈はとても雰囲気が良かったので、少し散策してみたくなり、カレーは食べずに、その界隈を散策しました。
散策の結果分かったことは、その界隈は港町で、使われなくなった倉庫を利用して”おしゃれなお店”を出す・・・という界隈であることです。
倉庫内を改装して、手作りの服屋さんや手作り雑貨のお店やアジア雑貨のお店や”おしゃれなアイテム”ばかりを集めたお店、美容院、カレー屋・喫茶店・飲み屋等が並んでいました。
とても素敵な場所です・・・ここは是非もう一度足を運んでみたいです。
ここのアジア雑貨のお店で、素敵なメモ用紙(折り紙に使用するつもりですが^^;)を購入しました。

午後13:30分、ケーキ屋さん「Perle」に到着。
ここもCafe本で紹介されているケーキ屋さんです。
初めて行きました。
kawaga_ryokou5.jpg

「Perle」さんのレアチーズケーキとスフレロールケーキ(だったかな?)です。
今まで香川県のケーキ屋さんで”う~む、ここはイマイチ・・・”とか”ここはハズレだな・・・”とか思うケーキ屋さんに遭遇をしたことが無く、”香川県は凄いな~”と思っていましたが、その思いが更に加速しました。
ここのお店のケーキも、とても美味しいです。^^
香川県のケーキ屋さんにハズレ無し!?(といっても、まだあまり周っていませんが^^;)・・・凄いです。

午後14:30分、中国茶のお店に到着。
到着したまでは良かったのですが、このお店は、一ヶ月以上前に既に閉店していました。
Cafe本で紹介されているお店で、初めて行くお店だったのですが・・・非常に残念です。

午後15:30分、珈琲屋さん「プシプシーナ珈琲」に到着。
ここもCafe本で紹介されている珈琲屋さんです。
本では、”以前までは焙煎店で今は焙煎店と同時に喫茶店もしている”という紹介文が載っていて、珈琲豆を焙煎しているお方が淹れてくれる珈琲ならば間違いがないだろう!と思い、従兄弟達に頼み、今回の旅程にこのお店を入れてもらいました。
そして、大正解でした・・・このお店に行って大正解でした。^^
kawaga_ryokou7.jpg

「プシプシーナ珈琲」の店内です。
珈琲の写真を撮るのをスッカリ忘れていました。^^;
”プシプシーナ珈琲”の店長さんが淹れてくださる珈琲は非常に美味しいです。
とても美味しい珈琲に巡り合えて嬉しかったので、テンションが上がり、店員さん(店長さんのお母さんでした)に色々と質問をし、その後、店長さんに質問をして、抽出技術と焙煎技術について、色々とお教え頂き、更には、ドーナツ型ドリッパー(私はこのドリッパーを初めて知りました)で抽出するところを見せていただき、その抽出した珈琲を試飲させてもらいました。
その後も、焙煎技術と焙煎機のことについて色々とお教えいただきました。
店長さん、色々とお教えいただいて、ありがとうございました。
お教えいただいた焙煎技術は、早速次の焙煎から取り入れていきます。^^
・・・テンションが上がりすぎて、喋りすぎてしまいご迷惑をおかけしました・・・営業妨害になってなかったでしょうか・・・すみませんでした。

午後17:30分、ビジネスホテルに到着。
午後19:00から、晩御飯を食べに行こう・・・ということで、一旦仮眠をとるべく解散をしました。
しかし、私には仮眠を取る余裕は無く、「プシプシーナ珈琲」の店長さんからお教えいただいた知識を全てメモ用紙に書きとめる作業を行いました。
メモ用紙に書いていくと・・・非常に沢山お教えを頂いていたことが分かりました。
改めて、ありがとうございました。^^

午後19:30分、「一鶴」に到着。
ここの鳥料理は相変わらず美味しいです。

午後20:40分、本日2件目のうどん屋「鶴丸」に到着。
うどんの写真を撮り忘れました。^^;
”鶴丸”は相変わらず美味しいです。
ここのお店も本当に味が落ちないですね~、凄いです。

午後21:30分、ビジネスホテルに到着。

1日目の記録は、これで終わりです。
今回は、”うどん”がメインから少し外れています。
それにしも、”プシプシーナ珈琲”に行ってよかった~!(店主さんには本当にご迷惑をおかけしました、すみません・・・)
2日目の記録は明日にします・・・。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行


”やぐら -ちょうむすび-”のユニットを使用してnaef社の積木”Vivo”を作る。 その8

その7”に引き続き、布施知子さんの本「ユニット あらかると」のP73~P75で紹介されている”やぐら -ちょうむすび-”を使用してnaef社の積木”Vivo”の8ピース目を作成しました。
tyouyunit_vivo8.jpg

写真左、「やぐら -ちょうむすび-」のユニットです。(写真はクリックで拡大します)
写真右、写真左のユニットを組み立てて作成した”Vivo”の8ピース目です。
糊付け等は一切していません。
ユニット数は、38個です。
ユニットは、5.0cm×5.0cmの折り紙で作成しています。
tyouyunit_vivo81.jpg

今までに作成した8ピースを積み上げました。
tyouyunit_vivo82.jpg

更に積み上げました。(写真はクリックで拡大します)
tyouyunit_vivo83.jpg

更に。
ピースを1つ作成するごとに遊びの幅が広がります・・・う~む、面白い。
そして、この8ピース目を作成している最中に、ふとあることを思いつきました。
その思いつきが実現できるか・・・”Vivo”の全12ピースを作成し終わった後に試すことにします。
更に昨日の夜に、なかなか寝付けずどうしようも無かったので面白そうな積み木の形を考えることにしました。
その際、”積み上げたら面白いかもしれない・・・”という形を幾つか思いついたので、そちらの方も時間があれば作成していこう・・・。

話題は変わって。
本日の午後10時30分から5月3日の午後11時頃まで、小旅行に行ってきます。
少し微熱があって、体がつらい状態なのですが、2ヶ月前から予定していた旅行なので中止するのは悔しいので風邪薬を飲みつつ旅行を楽しむことにします。
今回も前回同様、何もトラブルが起きませんように・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。