Mrtn Directory B
折り紙・珈琲・パズル・IT等の日常日記です。
プロフィール

naru8090

Author:naru8090
日常日記です。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


”切頂8面体”の形の”吉本キューブ”の作成。 その2

その1”に引き続き、”しごと・あそびごと・ひとりごと”さんの”シリーズ別インデックス”の”吉本キューブ”のページで公開してくださっている「吉本キューブ」の”切頂8面体”バージョンの作成の続きを行いました。
yosimoto_setyou8mentai1.jpg
「6角形」のピース以外のピースを糊付けして組み立てたところです。
後は、”6角形”のピースを貼り付ければ各ピースが完成します。
本日で完成をさせるつもりだったのですが、予定外の用事が入って完成させることが出来ませんでした。
続きは、明日・・・出来ると良いな・・・。

話題は変わって。
このブログを開始してから本日で丁度4年が経過しました。
4年はアッという間だったな、と思いつつ”そういえば4年前にどんな記事を書いていたかな?”と思い、過去の記事を見てみたところ・・・自身が記述したとはいえ、あまりに酷い記事内容(まるで無理矢理書かされた日記のような)に一人で赤面してしまいました。^^;
思わず”書き直したい”やら”消したい”などと思ってしまいましたが、自身の反省材料のためにも、過去の記事はこのまま残しておくことにします。
4年はアッという間・・・と思っていたのですが、過去の記事を見ていると”いや、長かったのかも・・・”という気もしてきました・・・う~む。
スポンサーサイト

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”切頂8面体”の形の”吉本キューブ”の作成。 その1

いつも楽しく拝見している”しごと・あそびごと・ひとりごと”さんの”シリーズ別インデックス”の”吉本キューブ”のページで公開してくださっている「吉本キューブ」の”切頂8面体”バージョンを見て、これは非常に面白そうだと思い、早速公開してくださっている各ピースの展開図(.pdf)をダウンロードをしました。

以前、同じく”しごと・あそびごと・ひとりごと”さんで公開してくださっている”吉本キューブ”を作成した際に、公開してくださっている展開図の各ピースの大きさを4分の1の大きさに縮めて作成し、”あ~、これは小さすぎたな・・・”と反省をしたのを思い出し、今回は、各ピースを2分の1の大きさにして作成することにしました。
yosimoto_setyou8mentai.jpg
印刷をして切り抜きました。
”吉本キューブ”の”切頂8面体”バージョンに使用する全16ピースのピースの形にする前の状態です。
この時点での各ピースの大きさは、”6角形”のピースが約4cm×4cmで、もう1つのピースが約6cm×8cmです。

さて、この続きは明日に・・・出来ると良いなぁ。

話題は変わって。
本日珈琲を淹れていて、ふと「カフェ・オ・レ」に使用する牛乳の量のことが気になりました。
”カフェ・オ・レ”に使用する一般的な牛乳の量(人の好みにより変わる、ということは一旦置いておいて)は珈琲に1に対してどれぐらいなのか?
1:1(珈琲:牛乳)なのか、1:0.5(珈琲:牛乳)なのか1:2(珈琲:牛乳)なのか・・・珈琲の濃さや焙煎度具合によって1:9(珈琲:牛乳)というのもありそうです。

う~む、と思ったのでWeb上で調べたところ、Web上の辞書「Wikipedia」さんの「カフェ・オ・レ」の項目に、その答えが記述されていました。
”Wikipedia”さんの情報によれば、”カフェ・オ・レ”に使用する牛乳の量は、珈琲の量と同量、つまり1:1(珈琲:牛乳)ということです。
濃い珈琲と同量か・・・となると、薄い珈琲(浅い焙煎での珈琲)の場合は、何対何になるのでしょうか?
浅い場合も1:1なのでしょうか・・・う~む。

・・・と、ここで新たに疑問が増えました(思いつきました)・・・珈琲に入れる砂糖の量は珈琲に対して何対何が一般的にベストなのでしょうか・・・う~む。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


貰った紙。

先日、姉が京都へ旅行に行き、お土産を買ってきてくれました。
wasi_20080928192744.jpg
「和染千代紙」と「和紙」です。
この和紙(筒状になっている長い方です)・・・物凄く綺麗です、手触りも良さそうです。
写真では見難いですが、可愛い花柄(牡丹の花かな?)になっています。
大きさは・・・まだ封を切っていないので分かりません。
大きさの表記もありません。^^;
この和紙がとても綺麗なので、”どこで販売していたの?”と姉に聞いたところ、”う~ん、金閣寺の近くで、綺麗な手作り小物や和紙が沢山売っているところで、あ~、もう一度行きたいな~・・・店の名前は忘れた”ということで店の名前は分かりませんでした。
う~む、私もその店に行ってみたい・・・。

そして、更に姉から頂いた紙。
raping.jpg
「Re;foRm」さんの「Wrapping paper」です。
雑貨屋「Novi」さんで、しばらく前に福袋をしていて、その福袋の中に入っていたそうです。
”私は使わないから、あげるわ~”ということで頂きました。
林檎の柄が可愛いラッピングペーパー2枚入りです。
大きさは42cm×29.7cmです。

さて、これらの紙を何に使用しようかな・・・。
どんどん紙ばかりが溜まっていく・・・何とかしなければ・・・。^^:

テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用


珈琲豆の焙煎。3回、焙煎を行いました。

焙煎した珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。
今回も、従兄弟に渡す用の分も焙煎をしたので合計420gを140gずつ3回に分けて焙煎しました。

焙煎をした豆は、”ニカラグア SHG サンラモン エステート” 140gと”ブラジル ハニーショコラ” 140gと”メキシコ コアテペック” 140gの合計420gです。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い汚れと皮を取り除きました。
kohi_20080927190049.jpg
焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上段が”ニカラグア SHG サンラモン エステート”、中段が”ブラジル ハニーショコラ”で下段が”メキシコ コアテペック”です。
焙煎時間は、以下の通りです。
全て2ハゼ開始後40秒で焙煎を終了しています。
◇ニカラグア サンラモン エステート ・・・ 約17分(焙煎途中で死豆を取り除く作業時間は 2分)
◇ブラジル ハニーショコラ ・・・ 約16分(焙煎途中で死豆を取り除く作業時間は 2分)
◇メキシコ コアテペック ・・・ 約16分(焙煎途中で死豆を取り除く作業時間は 2分)

焙煎途中と焙煎後に取り除いた死豆の数は以下の通りです。
◇ニカラグア サンラモン エステート ・・・ 焙煎途中は0粒、焙煎後は2粒
◇ブラジル ハニーショコラ ・・・ 焙煎途中は0粒、焙煎後は2粒
◇メキシコ コアテペック ・・・ 焙煎途中は0粒、焙煎後は0粒
kohi1_20080927190107.jpg
焙煎後の「ニカラグア SHG サンラモン エステート」の拡大写真です。
kohi2_20080927190121.jpg
焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。
写真左、”ブラジル ハニーショコラ”です。
写真右、”メキシコ コアテペック”です。
いずれの豆も香り・膨らみ等に問題はなさそうです。
明日飲むのが楽しみです。

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ


”五郎兵衛の和紙”を使用してnaef社の積木”プリモ”に似た形の作成。

”五郎兵衛の和紙”を使用してnaef社の積木”プリモ”に似た形を作成しました。
purimo_gorou.jpg
naef社の積木「プリモ」に似た形です。
ユニット数は、6個です。
糊付け等は一切していません、かなり頑丈に出来ています。
ユニットは、”五郎兵衛の和紙”(10cm×10cm)を使用して作成しています。

早速、今までにこの方式で作成した立体を積み上げました。
purimo_gorou1.jpg
作成した「naef社の積木「プリモ」に似た形」と「フラストレーションキューブ」(正6面体)と「立方8面体」を積み上げたところです。
立体の3角形の凹みを利用して積み上げているのですが、”naef社の積木「プリモ」に似た形”の小さな3角形の凹みでもシッカリと積み上げられることが分かりました。
この立体の上に他の立体を積み上げると、ユニットの結合が外れて立体が崩壊するのではないかと少し不安でしたが、どうやら大丈夫のようでホッとしました。
purimo_gorou2.jpg
「naef社の積木「プリモ」に似た形」と「正8面体」と「フラストレーションキューブ」(正6面体)と「立方8面体」と「斜方立方8面体」と「角張ったORB(正四面体状)」を積み上げたところです。
かなりシッカリと積み上がっています。
purimo_gorou3.jpg
更に積み上げました。
purimo_gorou4.jpg
更に・・・。
う~む、面白い。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”Origami Slinky”の作成。 その3

その2”に引き続き、「Origami Slinky」を作成しました。
surinki7.jpg
その2”で作成した「Origami Slinky」(写真奥)と、「Origami Slinky」を作成するためのユニット(写真手前)です。
ユニット数は、20個です。
ユニットは7.5cm×3.75cmの折り紙で作成しています。
これらのユニットを組み込んで、ユニット数60個の”Origami Slinky”を作成します。
surinki71.jpg
「Origami Slinky」(ユニット数60個)です。
糊付け等一切していません。
40個組みのものよりも更に”バネ”になりました。
紙で出来ているとは思えないぐらいの弾力があります・・・これは凄いです。^^;
surinki72.jpg
立体を別の角度から見たところです。
”スリンキー”として遊ぶためにはユニットが90個程度は必要かと思っていたのですが、意外にも60個でも多い・・・と判明しました。
このユニット60個組みの”スリンキー”を手で圧縮すると半分よりも少し多いぐらいになっています。
となると、”スリンキー”として遊ぶのには”丁度半分”の数が良い、ということでしょうか・・・ユニット数としては45個~50個ぐらい(かな?)と思われます。
作成当初はユニットを90個~120個ぐらいまで追加しようと思っていたのですが、60個の状態でもう十分過ぎるほど”バネ”なので、これ以上に追加するのは止めにして、次は紙を変えて作成してみようかな・・・和紙で作成すると、もっと弾力が出て面白いかも・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”五郎兵衛の和紙”を使用して”正8面体”の作成。

”五郎兵衛の和紙”を使用して”正8面体”の形を作成しました。
8mentai_gorou.jpg
「正8面体」の形です。
ユニット数は、6個です。
ユニットは、”五郎兵衛の和紙”(10cm×10cm)を使用して作成しています。
8mentai_gorou1.jpg
立体を別の角度から見たところです。
かなり頑丈に出来て見栄えも手触りも良い・・・やはり、この和紙は良いです。^^

早速、今までにこの方式で作成した立体を積み上げました。
8mentai_gorou2.jpg
「正8面体」と「フラストレーションキューブ」(正6面体)と「立方8面体」と「斜方立方8面体」と「角張ったORB(正四面体状)」を積み上げたところです。
3角形の凹みを利用して積み上げています。
予想通り、これは楽しいです。
ここから更に立体が増えると・・・更に楽しくなりそうです。^^
8mentai_gorou3.jpg
更に積み上げました。
8mentai_gorou4.jpg
更に・・・。
う~ん、面白い。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”Origami Slinky”の作成。 その2

昨日に引き続き、「Origami Slinky」を作成しました。
surinki4.jpg
昨日に作成した「Origami Slinky」(写真奥)と「Origami Slinky」を作成するためのユニット(写真手前)です。
ユニット数は、28個です。
ユニットは7.5cm×3.75cmの折り紙で作成しています。
12個単位でユニットを追加していこうと思っていたのですが、ふと気が付いたら28個ユニットを作成していたので”まあ、いいか・・・”と思い、作成した28個全て昨日作成した”Origami Slinky”(ユニット数12個)に追加することにしました。
surinki41.jpg
「Origami Slinky」(ユニット数40個)です。
糊付け等一切していません。
昨日よりも更にバネのようにビョーン・ビョーン・・・と伸び縮みします。
これは見事です。^^
surinki42.jpg
「Origami Slinky」を別の角度から見たところです。
昨日のように、この”Origami Slinky”を手で(クリップでは厚くて挟めませんでした)圧縮したところ、この40個の状態で丁度半分より少し少ない・・・という感じになりました。
ということは、ユニット数90個ぐらいで、ほぼ隙間の無い”スリンキー”が出来そうです。
さて、少しずつ追加をしていくか、一気に50個追加してみるか・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”Origami Slinky”の作成。

いつも楽しく拝見している”- MISDIRECTION (ミスディレクション) -”さんの2008年09月18日の記事「スリンキー 2」で紹介をしてくださっている折り紙で作成する”スリンキー”を見て非常に面白そうだと思い、早速作成しました。
surinki.jpg
「Origami Slinky」を作成するためのユニットです。
”スリンキー”として遊ぶためには、どのぐらいのユニット数が必要なのか検討がつかなかったので、とりあえずユニットを12個用意しました。
ユニットは7.5cm×3.75cmの折り紙で作成しています。

そして、これらのユニットを組み立てて、「Origami Slinky」(ユニット数12個)を作成しました。
surinki1.jpg
「Origami Slinky」(ユニット数12個)です。
組み立てには糊付け等一切していません。
見事にバネのように伸び縮みします。
ユニットを折るのも簡単で組み立てるのも簡単で更に遊んで面白い・・・これはお勧めです。^^
surinki2.jpg
立体を別の角度から見たところです。
しかし、ユニットが12個では少し(いや、かなり)少なかったようです。
この倍ぐらいのユニットが必要かな・・・と最初は思っていたのですが、
surinki3.jpg
”クリップ”を使用して立体を圧縮したところ、ユニットの数が全然足りないことが発覚しました。
この状態を見ると、今の状態(12個)の倍どころか10倍(120個)にしても良さそうな気がします。
毎日12個ずつユニットを追加して、形の変化を見ていこうかな・・・それとも一気に追加して遊ぼうかな・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”五郎兵衛の和紙”を使用して”フラストレーションキューブ”(正6面体)の作成。

”五郎兵衛の和紙”を使用して”フラストレーションキューブ”(正6面体の形)を作成しました。
furasuto_6mentai.jpg
「フラストレーションキューブ」(正6面体の形)です。
ユニット数は6個です。
糊付け等は一切していません。
ユニットは、”五郎兵衛の和紙”(10cm×10cm)を使用して作成しています。

そして、今までにこの方式で作成した立体を積み上げました。
furasuto_6mentai1.jpg
「フラストレーションキューブ」(正6面体)と「立方8面体」と「斜方立方8面体」を積み上げたところです。
furasuto_6mentai2.jpg
「フラストレーションキューブ」(正6面体)と「立方8面体」と「斜方立方8面体」と「角張ったORB(正四面体状)」を積み上げたところです。
3角形の凹みを利用して積み上げています。
furasuto_6mentai3.jpg
更に積み上げました。
う~む、面白い。
ここから”正8面体”やnaef社の積木”プリモ”の形や、”おむすび”の形を加えて積み上げると更に楽しくなりそうです。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


15cm×15cmの折り紙で”つぼ型四角箱”の作成。

布施知子さんの本「おりがみ工房 おりがみ はこ」のP57で紹介されている”つぼ型四角箱”を作成しました。
tubo4kakuhako.jpg
「つぼ型四角箱」を作成するためのユニットです。
ユニット数は、2個です。
ユニットは、15cm×15cmの折り紙を使用して作成しています。
tubo4kakuhako1.jpg
「つぼ型四角箱」です。
写真1枚目のユニットを組み合わせて作成しています。
糊付け等は一切していません。
箱の下半分が”反4角柱”の形になっています。
tubo4kakuhako2.jpg
作成した「つぼ型四角箱」と、昨日作成をした「四角箱・2枚組F」(蓋)を合わせました。
なかなか良い感じ・・・なのですが、この”つぼ型四角箱”は柄付きの和紙(友禅和紙等)で作成した方が良いかも・・・と思いました。
tubo4kakuhako3.jpg
箱を別の角度から見たところです。
”反4角柱”の形が、何と言うか不思議な感じで面白いです。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


15cm×15cmの折り紙で”四角箱・2枚組F”の作成。

布施知子さんの本「おりがみ工房 おりがみ はこ」のP52で紹介されている”四角箱・2枚組F”と、P54で紹介されている”四角箱本体・2枚組(深い)”を作成しました。
2mai_hakoF.jpg
「四角箱・2枚組F」(蓋)と「四角箱本体・2枚組(深い)」を作成するためのユニットです。
写真の左側が”四角箱本体・2枚組(深い)”を作成するためのユニットで、右側が”四角箱・2枚組F”を作成するためのユニットです。
ユニット数は、”四角箱・2枚組F”が2個、”四角箱本体・2枚組(深い)”が2個の合計4個です。
ユニットは、15cm×15cmの折り紙を使用して作成しています。
2mai_hakoF1.jpg
「四角箱・2枚組F」(蓋)と「四角箱本体・2枚組(深い)」です。
糊付け等は一切していません。
箱の蓋に扇のような飾りが付いています。
2mai_hakoF2.jpg
「四角箱・2枚組F」(蓋)と「四角箱本体・2枚組(深い)」を合わせたところです。
この箱も、なかなか可愛いです。
折り紙4枚で蓋と本体の両方が作成できて、更にこんなにも可愛い・・・う~ん、布施知子さんは本当に凄いです。
2mai_hakoF3.jpg
箱を別の角度から見たところです。
蓋の飾りが良い感じです。
柄付きの友禅和紙等で作成すると、更に楽しくなりそうです。
2mai_hakoF4.jpg
更に別の角度から見たところです。
う~む、面白い。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


珈琲豆の焙煎。4回、焙煎を行いました。

焙煎した珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。
今回は、従兄弟に渡す用の分も焙煎をしたので合計480gを120gずつ4回に分けて焙煎しました。

焙煎をした豆は、”メキシコ コアテペック” 240gと”ニカラグア SHG サンラモン エステート” 120gと”ブラジル ハニーショコラ” 120gの合計480gです。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い汚れと皮を取り除きました。
kohi_20080918184914.jpg
焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上段が”メキシコ コアテペック”、中段が”ニカラグア SHG サンラモン エステート”で下段が”ブラジル ハニーショコラ”です。

焙煎時間は、以下の通りです。
全て2ハゼ開始直後に焙煎を終了しています。
◇メキシコ コアテペックの1回目 ・・・ 約15分(焙煎途中で死豆を取り除く作業時間は 2分)
◇メキシコ コアテペックの2回目 ・・・ 約15分(焙煎途中で死豆を取り除く作業時間は 2分)
◇ニカラグア サンラモン エステート ・・・ 約16分(焙煎途中で死豆を取り除く作業時間は 2分)
◇ブラジル ハニーショコラ ・・・ 約14分(焙煎途中で死豆を取り除く作業時間は 2分)

焙煎途中と焙煎後に取り除いた死豆の数は以下の通りです。
◇メキシコ コアテペックの1回目 ・・・ 焙煎途中は3粒、焙煎後は1粒
◇メキシコ コアテペックの2回目 ・・・ 焙煎途中は2粒、焙煎後は1粒
◇ニカラグア サンラモン エステート ・・・ 焙煎途中は0粒、焙煎後は2粒
◇ブラジル ハニーショコラ ・・・ 焙煎途中は0粒、焙煎後は3粒
kohi1_20080918184933.jpg
焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。
写真左、”メキシコ コアテペック”です。
写真右、”ニカラグア サンラモン エステート”です。
kohi2_20080918184949.jpg
焙煎後の”ブラジル ハニーショコラ”の拡大写真です。
いずれの豆も香り・膨らみ等に問題はなさそうです。
明日飲むのが楽しみです。

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ


”五郎兵衛の和紙”を使用して”角ばったORB(正四面体状)”の作成。

OtotoさんのWebページ「H.Hamanaka very private page」の「過去の表紙」の「角張ったORB(正四面体状)(2004/09/18)」で公開してくださっている”正4面体”の形を、”五郎兵衛の和紙”を使用して作成しました。
4mentai_org.jpg
「角張ったORB(正四面体状)」です。
ユニット数は6個です。
糊付け等は一切していません。
ユニットは、”五郎兵衛の和紙”(10cm×10cm)を使用して作成しています。
4mentai_org1.jpg
立体を別の角度から見たところです。
やはり、この和紙で作成すると渋くなりますね~、なかなか格好良いです。
4mentai_org2.jpg
作成した「角張ったORB(正四面体状)」と以前に作成した「斜方立方8面体」と「立方8面体」を積み上げました。
4mentai_org3.jpg
更に積み上げました。
う~ん、面白い。
この状態から”正6面体”や”正8面体”を追加すると更に面白くなりそうです。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


15cm×15cmの折り紙で”四角箱・4枚組J:花”の作成。

布施知子さんの本「おりがみ工房 おりがみ はこ」のP68~P69で紹介されている”四角箱・4枚組J:花”と、P73で紹介されている”本体”を作成しました。
sikakuhakoJ.jpg
「四角箱・4枚組J:花」(蓋)と「本体」を作成するためのユニットです。
写真の左側が”本体”を作成するためのユニットで、右側が”四角箱・4枚組J:花”を作成するためのユニットです。
ユニット数は、”四角箱・4枚組J:花”が4個、”本体”が4個の合計8個です。
ユニットは、15cm×15cmの折り紙を使用して作成しています。
sikakuhakoJ1.jpg
「四角箱・4枚組J:花」(蓋)と「本体」です。
糊付け等は一切していません。
蓋の飾りの”花”の部分を、本のP13で紹介されている写真の通りに”ふわっ”とした感じに折たかったのですが、”ふわっと・・・ふわっ・・と、あれ?こうかな・・・こんな感じで・・・”と色々と紙を曲げている内に、何か”ぱりっ”としたような”ごわっ”としたような感じになってしまいました。^^;
sikakuhakoJ2.jpg
「四角箱・4枚組J:花」(蓋)を「本体」と合わせたところです。
一応、蓋の”花の飾り”は花に見えますが、”ふわっ”と出来なかったのは残念です。
もう一度別の紙で作り直そうかな。^^;
sikakuhakoJ3.jpg
箱を別の角度から見たところです。
sikakuhakoJ4.jpg
作成した「四角箱・4枚組J:花」と昨日に作成をした「四角箱・4枚組D」を並べました。
どちらも良い感じですが、もう少し”ふわっ”と・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


15cm×15cmの折り紙で”四角箱・4枚組D”の作成。

布施知子さんの本「おりがみ工房 おりがみ はこ」のP63で紹介されている”四角箱・4枚組D”と、P73で紹介されている”本体”を作成しました。
sikakuhakoD15.jpg
「四角箱・4枚組D」(蓋)と「本体」を作成するためのユニットです。
写真の左側が”本体”を作成するためのユニットで、右側が”四角箱・4枚組D”を作成するためのユニットです。
ユニット数は、”四角箱・4枚組D”が4個、”本体”が4個の合計8個です。
ユニットは、15cm×15cmの折り紙を使用して作成しています。
sikakuhakoD151.jpg
「四角箱・4枚組D」(蓋)と「本体」です。
糊付け等は一切していません。
昨日に作成した無地のものも良いですが、このチェック柄のものもなかなか良い感じです。
sikakuhakoD152.jpg
「四角箱・4枚組D」(蓋)を「本体」と合わせたところです。
やはり、蓋の上の”花の蕾”の立体感が見事です。
う~む、可愛い。
sikakuhakoD153.jpg
更に立体を別の角度から見たところです。
sikakuhakoD154.jpg
作成した「四角箱・4枚組D」を並べました。
左側が、7.5cm×7.5cmの折り紙で作成した”四角箱・4枚組D”で、右側が15cm×15cmの折り紙で作成した”四角箱・4枚組D”です。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”四角箱・4枚組D”の作成。

布施知子さんの本「おりがみ工房 おりがみ はこ」のP63で紹介されている”四角箱・4枚組D”と、P73で紹介されている”本体”を作成しました。
sikakuhakoD.jpg
「四角箱・4枚組D」(蓋)と「本体」です。
ユニット数は、”四角箱・4枚組D”が4個、”本体”が4個の合計8個です。
ユニットは、7.5cm×7.5cmの折り紙で作成しています。
糊付け等は一切していません。
ユニットの写真を撮り忘れました・・・近頃ずっと撮り忘れています、次は撮り忘れないように気を付けよう。

この1枚目の写真を撮った際に、作品の見た目と写真の色合いがあまりに違うので何とかならないかと思い、色々と設定を変えて撮影をしたところ、
sikakuhakoD1.jpg
「四角箱・4枚組D」(蓋)と「本体」です。
少し黄色が強くなってしまいましたが、少しはマシな色合いになりました。
う~む、写真は難しい。^^;
少しはマシな色合いになったので、このまま次の写真を撮りました。
sikakuhakoD2.jpg
「四角箱・4枚組D」(蓋)を「本体」と合わせたところです。
蓋の”花の蕾”の飾り部分が、とても良い感じです。^^
sikakuhakoD3.jpg
更に別の角度から見たところです。
う~む、面白い。
布施知子さんの箱作品は、簡単に折れて、簡単に組み立てられて、更に出来上がりが可愛い・・・本当に凄いです。
この作品は、15cm×15cmの折り紙でも作成してみたいです。
明日、作成しようかな。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”五郎兵衛の和紙”を使用して”斜方立方8面体”の作成。

以前に作成したユニットを使用して”斜方立方8面体”を作成しました。
syahouripou8mentai_gorouwasi.jpg
「斜方立方8面体」です。
ユニット数は、6個です。
糊付け等は一切していません。
ユニットは、”五郎兵衛の和紙”(10cm×10cm)を使用して作成しています。

以前に同じ和紙を使用して作成した”立方8面体”もそうでしたが、かなり渋く、格好良く出来ています。
この”五郎兵衛の和紙”は、やはり良いです。^^
しかし、やはり携帯電話のカメラ機能では見た目の色合いで写真を撮るのは難しいようです・・・。(デジタルカメラ、早く購入しよう・・・^^;)
syahouripou8mentai_gorouwasi1.jpg
作成した「斜方立方8面体」と以前に作成した「立方8面体」を積み上げました。
これは、面白いです・・・なかなか良い雰囲気です。
syahouripou8mentai_gorouwasi2.jpg
更に積み上げました。
う~む、面白い。
これは、更に色々な形を作成して積み上げると、もっと楽しいかも・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


昨日に作成した”斜方立方8面体”と一昨日に作成した”斜方立方8面体”の形を合わせた立体の作成。

”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの2個の3角形と対角線上の3角形2個の4個を大きくし、残りの4個の3角形を小さくした形を作成しました。
(この記事のタイトルを上の文にしようと思ったのですが、文字数制限に引っかかって出来ませんでした。^^;)
syahouripou8mentai_daisyou4.jpg
「”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの2個の3角形と対角線上の3角形2個の4個を大きくし、残りの4個の3角形を小さくした形」です。
ユニット数は6個で、形の違う2種類のユニットを使用しています。
2種類のユニットの内訳は、大きくした3角形が2個横に並んでいるユニット(残りの2個は小さくした3角形)が4個(桃色のユニット)、大きくした3角形と小さくした3角形が対角線上に並んでいるユニットが2個(青色のユニット)の合計6個です。
糊付け等は一切していません。
ユニットは、7.5cm×7.5cmの折り紙で作成しています。
syahouripou8mentai_daisyou41.jpg
立体を別の角度から見たところです。
潰れたような形になりました。
このような形になるとは全くの予想外でした。
う~む、面白い。
syahouripou8mentai_daisyou42.jpg
立体を更に別の角度から見たところです。
syahouripou8mentai_daisyou43.jpg
更に別の角度から見たところです。
面白い形の”8角形”が見ています。
この形では”6角形”に見える角度がないようです・・・う~ん、立体は面白い。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

これまでに作成した”斜方立方8面体”の3角形の面を変化させた立体を纏めます。

”正8面体”の形の作成。
naef社の積木”プリモ”に似た形の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、4個の3角形の部分を小さくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、4個の3角形の部分を大きくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内4個を大きくし、4個を小さくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、2個の3角形の部分を大きくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、2個の3角形の部分を小さくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの4個の3角形の部分を大きくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの4個の3角形の部分を小さくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの2個と対角線上の2個の3角形を大きくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの2個と対角線上の2個の3角形を小さくした立体の作成。
「”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの2個の3角形と対角線上の3角形2個の4個を大きくし、残りの4個の3角形を小さくした形の作成」

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの2個と対角線上の2個の3角形を小さくした立体の作成。

”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの2個の3角形と対角線上の3角形2個の合計4個を小さくした形を作成しました。
syahouripou8mentai_syou24.jpg
「”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの2個の3角形と対角線上の3角形2個の合計4個を小さくした形」です。
ユニット数は6個で、形の違う2種類のユニットを使用しています。
2種類のユニットの内訳は、小さくした3角形が2個横に並んでいるユニットが4個(白色のユニット)、小さくした3角形が対角線上に並んでいるユニットが2個(桃色のユニット)の合計6個です。
糊付け等は一切していません。
ユニットは、7.5cm×7.5cmの折り紙で作成しています。
syahouripou8mentai_syou241.jpg
立体を別の角度から見たところです。
syahouripou8mentai_syou242.jpg
更に立体を別の角度から見たところです。
見事に”8角形”の形が崩れています。
syahouripou8mentai_syou243.jpg
更に別の角度から見たところです。
崩れた”8角形”と”6角形”が見えています。
う~む、面白い。

ユニットを組み立ててる最中に、この形とは全く違う形ですが”・・・こういう形を積み上げると、楽しいかなぁ・・・”という形を1つ思いつきました。
この”斜方立方8面体”の変形が終わったら(きりの良いところまでいったら)作成してみようかな・・・。
さて、次は何を作ろうかな・・・。

これまでに作成した”斜方立方8面体”の3角形の面を変化させた立体を纏めます。

”正8面体”の形の作成。
naef社の積木”プリモ”に似た形の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、4個の3角形の部分を小さくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、4個の3角形の部分を大きくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内4個を大きくし、4個を小さくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、2個の3角形の部分を大きくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、2個の3角形の部分を小さくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの4個の3角形の部分を大きくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの4個の3角形の部分を小さくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの2個と対角線上の2個の3角形を大きくした立体の作成。
「”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの2個と対角線上の2個の3角形を小さくした立体の作成。」

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの2個と対角線上の2個の3角形を大きくした立体の作成。

”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの2個の3角形と対角線上の3角形2個の合計4個を大きくした形を作成しました。
syahouripou8mentai_dai4kokaku.jpg
「”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの2個の3角形と対角線上の3角形2個の合計4個を大きくした形」です。
ユニット数は6個で、形の違う2種類のユニットを使用しています。
2種類のユニットの内訳は、大きくした3角形が2個横に並んでいるユニットが4個、大きくした3角形が対角線上に並んでいるユニットが2個の合計6個です。
糊付け等は一切していません。
ユニットは、7.5cm×7.5cmの折り紙で作成しています。
syahouripou8mentai_dai4kokaku1.jpg
立体を別の角度から見たところです。
syahouripou8mentai_dai4kokaku2.jpg
更に立体を別の角度から見たところです。
少し丸みを帯びた形になっています。
syahouripou8mentai_dai4kokaku3.jpg
更に別の角度から見たところです。
この角度から見ると、以前に「”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、4個の3角形の部分を大きくした立体の作成。」で作成をした立体と同じ形に見えます。
う~む・・・面白い。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

これまでに作成した”斜方立方8面体”の3角形の面を変化させた立体を纏めます。

”正8面体”の形の作成。
naef社の積木”プリモ”に似た形の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、4個の3角形の部分を小さくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、4個の3角形の部分を大きくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内4個を大きくし、4個を小さくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、2個の3角形の部分を大きくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、2個の3角形の部分を小さくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの4個の3角形の部分を大きくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの4個の3角形の部分を小さくした立体の作成。
「”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの2個と対角線上の2個の3角形を大きくした立体の作成。」

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの4個の3角形の部分を小さくした立体の作成。

昨日に引き続き、”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの4個の3角形の部分を小さくした立体を作成しました。
syahouripou8mentai_syou4ko.jpg
「”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの4個の3角形の部分を小さくした形」です。
ユニット数は6個で、形の違う3種類のユニットを使用しています。
3種類のユニットの内訳は、一番上(3角形の面の変化無し)のユニットが1個、側面のユニット(3角形の面を1部を小さく)が4個、一番下(3角形の面を全て小さく)のユニットが1個の合計6個です。
糊付け等は一切していません。
ユニットは、7.5cm×7.5cmの折り紙で作成しています。
syahouripou8mentai_syou4ko1.jpg
立体を別の角度から見たところです。
syahouripou8mentai_syou4ko2.jpg
更に立体を別の角度から見たところです。
syahouripou8mentai_syou4ko3.jpg
更に別の角度から見たところです。
う~ん、面白い。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

これまでに作成した”斜方立方8面体”の3角形の面を変化させた立体を纏めます。

”正8面体”の形の作成。
naef社の積木”プリモ”に似た形の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、4個の3角形の部分を小さくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、4個の3角形の部分を大きくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内4個を大きくし、4個を小さくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、2個の3角形の部分を大きくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、2個の3角形の部分を小さくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの4個の3角形の部分を大きくした立体の作成。
「”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの4個の3角形の部分を小さくした立体の作成。」

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの4個の3角形の部分を大きくした立体の作成。

これまでに作成してきた”斜方立方8面体”の3角形部分を変化させた形は、対角線上の3角形部分を変化させたものでした。
昨日、”横に並んでいる3角形部分を変化させる・・・という形もあるな・・・”と思い、早速”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの4個の3角形の部分を大きくした立体を作成しました。
syahouripou8mentai_dai4ko.jpg
「”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、横並びの4個の3角形の部分を大きくした形」です。
ユニット数は6個で、形の違う3種類のユニットを使用しています。
3種類のユニットの内訳は、一番上(3角形の面の変化無し)のユニットが1個、側面のユニット(3角形の面を1部を大きく)が4個、一番下(3角形の面を全て大きく)のユニットが1個の合計6個です。
糊付け等は一切していません。
ユニットは、7.5cm×7.5cmの折り紙で作成しています。
ダイヤモンドのような形(下の部分が鋭く、上の部分が大きく)になっています。
syahouripou8mentai_dai4ko1.jpg
立体を別の角度から見たところです。
写真左の角度から立体を見ると”斜方立方8面体”の形に見えて、写真右の角度から見ると”正8面体”の形に見えます。
syahouripou8mentai_dai4ko2.jpg
更に立体を別の角度から見たところです。
syahouripou8mentai_dai4ko3.jpg
更に別の角度から見たところです。
う~ん、面白い。

さて、次は何を作ろうかな・・・。


これまでに作成した”斜方立方8面体”の3角形の面を変化させた立体を纏めます。

”正8面体”の形の作成。
naef社の積木”プリモ”に似た形の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、4個の3角形の部分を小さくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、4個の3角形の部分を大きくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内4個を大きくし、4個を小さくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、2個の3角形の部分を大きくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、2個の3角形の部分を小さくした立体の作成。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、2個の3角形の部分を小さくした立体の作成。

”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、2個の3角形の部分を大きくした立体の作成。」に引き続き、”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、2個の3角形の部分を小さくした立体を作成しました。
shahouripou8mentai_syou2.jpg
「”斜方立方8面体”の8個の3角形の内、対角線上の2個の3角形だけ小さくした形」です。
ユニット数は、6個です。
糊付け等は一切していません。
ユニットは、7.5cm×7.5cmの折り紙で作成しています。
ユニットの写真を撮るのを忘れました。^^;
これも、なかなか面白い形をしています。
shahouripou8mentai_syou21.jpg
立体を別の角度から見たところです。
shahouripou8mentai_syou22.jpg
更に別の角度から見たところです。
この角度から見ると、6角形が2つ綺麗に見えます。
shahouripou8mentai_syou23.jpg
更に別の角度から見たところです。
見る角度によって全く違う形に見えるのが非常に面白いです。
う~ん、立体は面白い。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


珈琲豆の焙煎。

焙煎した珈琲豆が尽きたので焙煎を行いました。
焙煎した生豆は”ブラジル ハニーショコラ”を110gと”メキシコ コアテペック”を110gの合計220gです。
生豆は焙煎前に48℃のお湯で洗い汚れと皮を取り除きました。
kohi_20080906205222.jpg
焙煎後、ハンドピック済みの珈琲豆です。
盆の上側が”ブラジル ハニーショコラ”で下側が”メキシコ コアテペック”です。
どちらも2ハゼ開始と同時に焙煎を終了しています。
焙煎時間は、どちらも約15分(焙煎途中に死豆を取り除く作業込みの時間です)です。
焙煎途中に出た死豆はどちらの豆も0粒で、焙煎後に出た死豆はどちらも2粒でした。
kohi1_20080906205238.jpg
焙煎後の珈琲豆の拡大写真です。
写真左側が”ブラジル ハニーショコラ”で、右側が”メキシコ コアテペック”です。
両豆ともに、豆の膨らみ・香り等問題は無さそうです。
特に”ブラジル ハニーショコラ”は、2ハゼまで焙煎しなかった場合でもかなりの甘みを感じたので、この2ハゼ開始まで焙煎した状態では、どれほどの甘みが出ているか・・・非常に楽しみです。
明日飲むのが楽しみです。

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ


”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、2個の3角形の部分を大きくした立体の作成。

これまでに、”斜方立方8面体”の3角形の面を大きくしたり小さくしたりして立体を作成してきました。
”斜方立方8面体”の3角形を変形させて作成した立体は以下の通りです。

”正8面体”の形の作成。
naef社の積木”プリモ”に似た形の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、4個の3角形の部分を小さくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、4個の3角形の部分を大きくした立体の作成。
”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内4個を大きくし、4個を小さくした立体の作成。

これだけ変化させれば、もう”斜方立方8面体”の3角形の変化系で作成するものは無いかな・・・と思いつつ、昨日寝る際に布団に横になった瞬間に、”いや、まてよ”斜方立方8面体”の8個の3角形の内、対角線上の2個の3角形だけ大きくしたり小さくするとどのような形になるのかな?”と疑問に思い、本日”対角線上の2個の3角形だけを大きくした形”を作成しました。
syahouripou8mentai_dai2ko.jpg
「”斜方立方8面体”の8個の3角形の内、対角線上の2個の3角形だけ大きくした形」です。
ユニット数は6個です。
糊付け等は一切していません、かなり頑丈に出来ています。
ユニットは、7.5cm×7.5cmの折り紙で作成しています。
ユニットの写真を撮るのを忘れてしまいました。^^;
8個ある3角形の内の対角線上の2個を大きくしても面白い形にはならないのではないかと思っていたのですが、その予想が見事に外れました。
この形は、写真からでは少し見難いですが、”反3角柱”に近い形になっています。
”斜方立方8面体”の対角線上の2個の3角形を大きくすると”反3角柱”の形に近づくとは・・・立体は本当に面白いです。
syahouripou8mentai_dai2ko1.jpg
立体を別の角度から見たところです。
この角度から見ると”斜方立方8面体”の形が少し崩れた形に見えて、”反3角柱”の形にはとても見えません。
う~ん、面白い。
syahouripou8mentai_dai2ko2.jpg
立体を更に別の角度から見たところです。
syahouripou8mentai_dai2ko3.jpg
更に別の角度から見たところです。
6角形のような、8角形のような・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内4個を大きくし、4個を小さくした立体の作成。

一昨日前に、”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、4個の3角形の部分を小さくした立体を作成し、昨日に”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、4個の3角形の部分を大きくした立体を作成しました。

それらの立体を見ていて、”ならば、”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内4個を大きくし、残りの4個を小さくした場合は、どのような形になるのかな?”と思い、早速作成しました。
syahouripou8mentai_daisyou.jpg
「斜方立方8面体」の8個の3角形の内、4個を大きくし、残りの4個を小さくした形のユニットです。
写真左、ユニットを表側から見たところです。
写真右、ユニットを裏側から見たところです。
ユニットは、7.5cm×7.5cmの折り紙で作成しています。
このユニットを6個使用して、”斜方立方8面体の8個の3角形の内、4個を大きくし、残りの4個を小さくした形”の立体を作成します。
syahouripou8mentai_daisyou1.jpg
「斜方立方8面体」の8個の3角形の内、4個を大きくし、残りの4個を小さくした形」です。
ユニット数は、6個です。
糊付け等は一切していません。
フラストレーションキューブ”と同様の組み方で組んでいます。
見事な”おにぎり”型です。
”切頂4面体”を少し丸くしたしたような形になりました。
”斜方立方8面体”の3角形部分の内4個を大きくし、4個を小さくすると”切頂4面体”の形に近づくのですね・・・う~ん、面白い。
syahouripou8mentai_daisyou2.jpg
立体を別の角度から見たところです。
細長い菱形と8角形が見えています。
syahouripou8mentai_daisyou3.jpg
立体を更に別の角度(真上)から見たところです。
6角形が見えています。
う~む、立体は面白い・・・。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、4個の3角形の部分を大きくした立体の作成。

昨日、「”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、4個の3角形の部分を小さくした立体」を作成しました。

作成した立体を見ていて、”8個の3角形の内4個を小さくすると、この形になるのならば、8個の内4個の3角形を大きくすると、どのような形になるのか?”と思い、早速作成しました。
syahouripou8mentai_dai3kaku.jpg
「斜方立方8面体」の8個の3角形の内、4個を大きくした形のユニットです。
写真左、ユニットを表側から見たところです。
写真右、ユニットを裏側から見たところです。
ユニットは、7.5cm×7.5cmの折り紙で作成しています。

このユニットを6個用意して”斜方立方8面体”の8個の3角形の内、4個を大きくした形を組みました。
syahouripou8mentai_dai3kaku1.jpg
「斜方立方8面体」の8個の3角形の内4個を大きくした形です。
ユニット数は、6個です。
糊付け等は一切していません、かなり頑丈に出来ています。
フラストレーションキューブ”と同様の組み方で組んでいます。
昨日の立体とは違い、かなり簡単に組み上げることが出来ました。
辺が4つ集まる箇所の面が見事に菱形で、8角形の形が綺麗に見えています。
syahouripou8mentai_dai3kaku2.jpg
立体を別の角度から見たところです。
syahouripou8mentai_dai3kaku3.jpg
更に立体を別の角度から見たところです。
昨日の”3角形を小さくした立体”よりも形が見え易く(ハッキリとしていて)、なかなか見栄えが良い立体です。
”斜方立方8面体”の形から3角形の面を大きくすると、こういう形になるのですね~。
う~む、面白い。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

話題は変わって。
いつも楽しく拝見している「あそびをせんとや」さんの9月1日の記事「中川さんの菱形十二面体の星型(その1)」と、9月2日の記事「中川さんの菱形十二面体の星型(その2)」を見て、”し、知らなかった”と思い、次に”おおお~!凄い!”と感動しました。

知らなかったことは”菱形12面体の星型”が2種類存在するということです。
まさか、以前作成して”花形切頂8面体という呼び名でよいのかな?”と思っていた立体・・・これが”菱形12面体の星型”の一種だったとは・・・!
驚きました。

”おおお~!凄い!”と思ったことは、その立体が”同形の3角柱12本で組める”ということです。
「中川さんの菱形十二面体の星型(その2)」の記事で紹介をしてくださっている分割写真を見て”おおお~!3角柱12本だ・・・!凄い!”と感動しました。
・・・この3角柱を、私の知っているユニットで作成できないかな・・・う~む。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


”斜方立方8面体”の8個の3角形の部分の内、4個の3角形の部分を小さくした立体の作成。

以前、”フラストレーションキューブ”のように組む”斜方立方8面体”のユニットを作成し、そのユニットの3角形の部分を大きくして”正8面体”の形を作成したり、3角形の部分を小さくしてnaef社の積木”プリモ”に似た形を作成したりしました。

本日、その”斜方立方8面体”を眺めていて、ふと”斜方立方8面体の8個の3角形部分の内、4個を小さくすると、どのような形になるのだろう・・・”と思い、早速作成しました。
syhouripou8mentai_1chiisaku.jpg
「斜方立方8面体」の8個の3角形の内、4個を小さくした形のユニットです。
写真左、ユニットを表側から見たところです。
写真右、ユニットを裏側から見たところです。
ユニットは、7.5cm×7.5cmの折り紙で作成しています。

そして、このユニットを6個用意して”斜方立方8面体”の8個の3角形の内、4個を小さくした形を組みました。
syhouripou8mentai_1chiisaku1.jpg
「斜方立方8面体」の8個の3角形の内4個を小さくした形です。
ユニット数は、6個です。
糊付け等は一切していません。
”フラストレーションキューブ”と同様の組み方で組んでいます。
この形に組み上げるのにかなり苦労をしました。
組み上げるのにかかった時間は約30分です、途中で何度も糊付けをしたくなりました。^^;
syhouripou8mentai_1chiisaku2.jpg
立体を別の角度から見たところです。
かなり面白い形になっています。
菱形のような正方形のような・・・そして正8角形ではない少し縦に伸びた8角形が見えています。
syhouripou8mentai_1chiisaku3.jpg
更に立体を別の角度から見たところです。
う~ん、面白い。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:**おりがみ・ペーパークラフト** - ジャンル:趣味・実用


1本の釘の上に11本の釘を乗せる。
何か面白そうなペーパークラフトはないかとWeb上を探していたところ、ペーパークラフトではないのですが、非常に面白い動画を発見しました。

その動画は、こちらです。
Trick Of A Dozen Nails

木の板に打ち付けられた1本の釘の上に11本の釘を乗せる、という動画です。
もちろん糊やテープ等は一切使用していません。
これは見事です。

そして、是非自身でも同じ立体(1本の釘の上に11本の釘を乗せた立体)を作成したくなり、早速作成しました。
1hon_11hon_kugi.jpg
用意をした「1本の釘」と「11本の釘」です。
手ごろな木の板が無かったので、以前に作成した立体を”1本の釘”の土台にしました。
土台になっている立体(折り紙で作られています)も、糊付け等は一切していません。
これらの材料を組み合わせて、一本の釘の上に11本の釘を乗せた立体を作成します。
1hon_11hon_kugi1.jpg
まずは動画の通りに「11本の釘」を並べました。
そして、この”11本の釘”を、
1hon_11hon_kugi2.jpg
「1本の釘」の上に乗せました。
見事にピタリと乗っています。
少しぐらいの振動では崩れないぐらいのバランスで”11本の釘”が”1本の釘”の上に乗っています。
これは面白いです。^^
12本の釘と釘を固定できる土台が手元にあるお方は、是非作成してみてください、これは面白いです、お勧めです。
1hon_11hon_kugi3.jpg
立体を別の角度から見たところです。
釘が一列に綺麗に並んでいます。
1hon_11hon_kugi4.jpg
更に別の角度(真上)から見たところです。

”面白いな~”と思いつつ、この立体を色々な角度から眺めていて、ふと”あれ?この形は前にどこかで見たような・・・?”という疑問が浮かんできました。
この立体を見れば見るほど”どこかで見たような・・・”という思いが強くなってきて、何とか思い出そうとしたのですが、結局思い出せませんでした。
う~む、どこだったかな・・・パズルの本か、どこかのお店か・・・何か野球のバットか何かで同じものを見たのだったかな・・・う~む。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。